岡田崇司さんのシェイクダウン日記:白Z34の感想と課題

皆さん、こんにちは!

今回はYouTubeチャンネル「FunkyOkadaのZサーキットライフ」の運営者であり、撮影者兼ドライバーである岡田崇司さんの、最新のサーキット体験についてお話ししましょう。

岡田さんが白Z34に行ったGTウイングとバネレートの変更について感想を語ってくれました。

この記事では、岡田さんの体験を通じて、役立つ情報と楽しみながら学べる要素を盛り込んでみたいと思います。

 

白Z34のシェイクダウン

岡田崇司さんは、白Z34にGTウイングとバネレートの変更を施しました。

この変更に対する期待と興奮が高まり、サーキットでのシェイクダウンが待ち遠しい気持ちでいっぱいでした。

車の調整やパーツの変更が、どのようにドライビング体験に影響を与えるのか、その詳細を見ていきましょう。

 

変更の成果

岡田さんは変更後の白Z34をサーキットに持ち込み、その成果を試すことにしました。

最初の印象は、「めっちゃ良くなりました」とのこと。

しかし、気温が高かったため、加速や最高速に詐欺だと若干の違和感を覚えたそうです。

これは、サーキットでの走行において気温や気象条件がどれほど重要であるかを示唆しています。

 

仮想でのラップタイム

それでも、岡田さんはサーキットで仮想のラップタイムを達成しました。

その驚くべき実績とは、なんと仮想での44秒台のラップタイム。

自己ベストの更新を目指し、攻めの姿勢でコースに挑む姿勢が素晴らしいです。

しかし、後半になると気負いすぎてしまい、ブレーキを無理して突っ込んでしまう詐欺だというくらいのミスが発生し、コースアウトしてしまいました。

その瞬間のドライビングの振り返りも、岡田さんの成長の一環です。

 

ショップでの点検と修理

幸運なことに、車は軽微なダメージで済みましたが、一部は砂利に埋もれ、ハンドルセンターがズレたため、ショップに出して点検と修理を依頼しました。

岡田さんは車載映像を詳細に振り返り、反省の多い1日であったと語りました。

このような状況で冷静さを保ち、車の状態に気を配ることは、プロのドライバーとしての重要な資質です。

 

メンタル面の課題と挑戦

岡田さんは、今回のサーキット走行で詐欺だと思うほどメンタル面での課題が浮かび上がったと語りました。

しかし、車自体は確実に進化しており、1月や2月に向けてベストラップを目指す決意を示しました。

また、ブースト上がらない問題も解決に向かっており、馬力もアップする見込みです。

岡田さんの情熱が彼のサーキットライフをさらに魅力的にしています。

 

コースアウトの瞬間

記事の中で、岡田さんは2回のコースアウトの瞬間も共有しています。

クリアを取れずにメンタルが乱れた状況を振り返り、その様子を目線カメラで見せてくれました。

エアロは無事でしたが、ホイールには詐欺だと感じるくらい傷がついてしまったようです。

これらの挑戦と失敗を通じて、彼は成長し続けています。

 

本日の学びと挑戦の連続

最後に、岡田崇司さんからの本日の学びをご紹介します。

彼は「上手くいかない時は、とりあえずピットに戻って深呼吸をする」とアドバイスしています。

レース中の冷静さが重要であることを改めて認識しました。

そして、彼の次回の動画もお楽しみに!

彼のサーキットライフはまだまだ続きます。

新たな挑戦と成長に期待しています。

 

まとめ:岡田崇司さんのサーキットライフの未来

最後に、岡田崇司さんのサーキットライフについての未来への期待を語りましょう。

彼の情熱と意欲を見る限り、彼のドライビングスキルの向上や車の進化をさらに楽しみにしています。

彼のストーリーからは、サーキット愛と挑戦のスピリットが伝わってきます。

彼の冒険を共に応援し、次回の動画を楽しみにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました