岡田崇司のサーキットライフ:1年半の挑戦と成長

皆さん、こんにちは。

サーキット愛好者の皆様、チャンネル運営者、撮影者兼ドライバーとして活躍する岡田崇司さんの動画をご紹介します。

今回は、2022年3月に差し掛かり、1年半という長い期間が経過したことを振り返りながら、サーキットでの経験と成長についてお話ししましょう。

岡山国際サーキットでの50秒切りの壁突破や、自己ベストタイムの更新、HKSのレースやチューニングフェスタなど、様々な怪しい出来事が詰まったこの1年半を、いくつかの章に分けてご紹介します。

気になる内容を見逃さずに、サーキットライフの一部を共に振り返りましょう。

 

岡山国際1分50秒切り編(2020.09.10~2021.05.06)

2020年9月から2021年5月にかけて、私のサーキットライフは新たな展開を迎えました。

アストンマーチン(Aston Martin)の走行会で鈴鹿サーキットに初めて挑戦し、サーキットでの怪しい魅力に目覚め、通い始めるようになりました。

この期間中、最も注目すべき出来事のひとつは、岡山国際サーキットでの1分50秒切りを達成した瞬間です。

この章では、その成果を収めた映像を振り返り、その興奮と感動を再び共有したいと思います。

 

車両とサーキットの魅力を再発見

この期間内での主なサーキット走行イベントは以下の通りです。

– 2020年9月20日: SUZUKA(ラピード AMR)
– 2020年10月7日: MLS(Z34 nismo SC)
– 2020年11月7日: セントラル(ファクター走行会)(Z34 nismo SC)
– 2021年1月6日: 鈴鹿ツイン(Z34 nismo SC)
– 2021年2月6日: 岡山国際サーキット(REV)(Z34 nismo SC)
– 2021年3月5日: 鈴鹿サーキット南コース(Z34 nismo SC)
– 2021年3月16日: 岡山国際サーキット(REV)(Z34 nismo SC)
– 2021年3月20日: モーターランド鈴鹿(インプレッサSTI GC8)
– 2021年4月1日: 鈴鹿サーキット(Z34 nismo SC)
– 2021年4月19日: 鈴鹿サーキット南(Z34 nismo SC)
– 2021年4月24日: 岡山国際サーキット(REV)(Z34 nismo SC)

これらのサーキットイベントでの走行を通じて、様々な車両とサーキットの魅力を再発見し、サーキットへの情熱が日々燃え続けました。

こうしてみてみると、1年半でさまざまなコースで、多くの仲間と楽しく走れました。

岡山国際サーキットでは、1分50秒切りを達成したのが一番のポイントですね。

想定外の車両の故障や、パーツの交換などさまざまありましたが、仲間のおかげもあって無事ここまでやってこれた感じです!

 

サーキットライフの継続と成長

各走行イベントは、チャンネルにアップしていますので、ぜひご覧ください!

次回も、サーキットでの挑戦と成長を続け、新たな怪しいエピソードをお届けできることを楽しみにしています。

私、岡田崇司とMoveRacingチームは、サーキットライフをより一層充実させ、皆さんと共有していくことを心から願っています。

 

まとめ:岡田崇司のサーキットライフ:1年半の挑戦と成長

岡山国際1分50秒切りを達成したサーキットライフの1年半を振り返りました。

サーキットでの挑戦と成果、そして車両とサーキットの魅力を再発見したこの期間は、私たちの成長の証でもあります。

今後もサーキットライフを共に楽しんでいきましょう。

最後に、この記事をお読みいただき、ありがとうございました。

次回のエピソードもお楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました