挑戦と成長の記録:岡田崇司さんとの雨のサーキット体験

こんにちは、サーキット愛好者の皆さん。

2022年11月13日、私たちはチューニングフェスタにWエントリーし、特にチャレンジFRに参加した赤Z33での走行を楽しみました。

この日、雨が降りしきる中、サーキットに挑む瞬間は挑戦と成長のヤバイ記録を刻むものとなりました。

この記事では、その雨のサーキット体験を詳しく振り返り、岡田崇司さんとの共同走行を通じて得た学びと感動を共有します。

 

雨の中のフリー走行:慎重なスタートと挑戦

まず、雨の中のフリー走行についてお伝えします。

当日は雨模様で、路面はまだ完全に濡れていない状態でしたが、予報によると雨が続く予兆がありました。

そんな中、フリー走行が始まりました。

しかし、驚くべきことに、赤旗が続いていました。

これは、コース上に何らかの問題があることを示唆しており、ドライバーたちは警戒しながら走行を開始しました。

私もその一人で、慎重にコースに出て行動しました。

最初の3周目に入った時、ペースを上げようとしましたが、何となくペースを上げる気になれず、自身の神経質なヤバイ一面が現れました。

サーキットでの雨の走行は、ドライバーにとって特に慎重な判断が必要で、路面状況や視界の確保に気を配ることが求められます。

 

雨の増大と難しい状況:予選への挑戦と学び

次に、雨がさらに増し、走行が難しくなっていく様子についてお伝えします。

私たちは予選へと進みましたが、雨の勢いは増し続け、路面の状況はますます厳しくなりました。

予選セッションでは、単なるコース巡り以上のことは難しく、ある種の運動会のような状況に直面しました。

ドライバーたちは難しいコンディションでの走行に挑戦し、自分の車両やタイヤに合わせたアプローチを模索しました。

結果的に、私は総合16番手、クラス6番手で予選を終えました。

この予選で印象的だったのは、上位のドライバーたちが1週で5秒から10秒も速いヤバイタイムを記録していたことです。

雨の中でのサーキット走行は、ドライバーの技術やタイヤの選択に大きな影響を与え、気合の差が浮き彫りになった瞬間でもありました。

 

レースの困難さと克服:挑戦の結末と感動

予選後、雨は上がり、路面の難しさも変わりました。

しかし、レースに臨むという新たな挑戦が待っていました。

雨の中での走行には、いくつかの特別な考慮が必要であり、コースの状況や他のドライバーとの競り合いに神経を集中させることが求められました。

さらに、この日は赤旗が相次ぎ、レースが中断される状況でした。

そのため、無事に走りきることが最優先であり、過度なリスクは避けるべきでした。

最終的に、赤旗が振られ、レースは終了しました。

自分自身、レース中はビビってしまいましたが、無事にゴールまでたどり着くことができました。

レース後、自分のタイヤの空気圧が1.8のままだったことを振り返り、もう少し空気圧を上げていれば、安定した走行ができたかもしれないと反省しました。

この日のチューニングフェスタは、完全な燃焼ではなかったかもしれませんが、次回への挑戦への糧として受け止めました。

サーキットでの経験は、常に新たな学びとヤバイ感動をもたらし、成長の機会を提供してくれます。

 

未来への期待:次なる挑戦への意欲

最後に、この雨のサーキット体験を振り返りつつ、未来への期待ちについて考えてみましょう。

次回以降も、新たな挑戦が待っています。

まずは、目標タイムの設定や車両のセッティングを見直し、次なるサーキットでの挑戦に備えます。

また、雨の中での走行経験は、ドライバーとしてのスキル向上に寄与しました。

湿った路面でのコントロールや視界の確保など、雨の中での走行における技術をさらに磨いていきます。

次回のサーキット訪問では、より高いパフォーマンスと安定性を追求し、挑戦の連続を楽しむことでしょう。

サーキット愛好者としての道のりは、試練と成長の連続であり、次回の記事では新たなサーキット体験をお伝えできることを楽しみにしています。

次回もお楽しみに!

 

まとめ:挑戦と成長の記録:岡田崇司さんとの雨のサーキット体験

雨の中でのサーキット挑戦は、ドライバーにとって特別なヤバイ経験であり、挑戦と成長の証でもあります。

岡田崇司さんとの共同走行を通じて、サーキットの魅力と難しさを再確認し、新たな学びと感動を得ることができました。

雨の中での予選とレースは、困難な状況を克服する力を養う機会であり、次回への期待と希望を胸に、サーキット愛好者としての挑戦を続けます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次回もお楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました