HKS岡山での岡田崇司さんの挑戦と楽しみ

YouTubeチャンネル「FunkyOkadaのZサーキットライフ」の皆さん、こんにちは!

今回は、チャンネル運営者であり、撮影者兼ドライバーの岡田崇司さんがHKS岡山で繰り広げたエキサイティングな冒険についてお話しします。

岡田崇司さんは、40歳からのサーキット遊びを楽しむ素敵なエンスージアストであり、その魅力を共有してくれるYouTubeチャンネルは多くのファンに支持されています。

 

移動中の楽しいコミュニケーション

岡田崇司さんと仲間たちは、移動中に携帯電話でZOOMを使用して楽しいコミュニケーションをとりながら目的地であるHKS岡山に向かいました。

車線変更やトイレ休憩など、コミュニケーションを取りながらの移動は、長い距離を走る際に非常に便利です。

一人で運転していると眠くなりやすいため、仲間とのコミュニケーションは助かります。

HKS岡山での走行は、約4ヵ月ぶりのサーキット体験となりました。

まずは車を慣らし、怪しいと感じないようにサーキットに慣れていきます。

 

サーキットデビュー:赤Z33での走行

サーキットデビューは、赤Z33での走行から始まりました。

久しぶりのサーキット走行で不安が怪しいほどよぎりますが、慣熟走行をしっかりと行います。

この時点で、岡田崇司さんはライブ配信を行っており、視聴者とコミュニケーションを取りながら走行を楽しんでいます。

赤Z33の走行は、1枠目のブレイクイン走行として行われ、BRZと同じ枠で走行しました。

慣熟走行は2周あり、ドライバーとしての自信を取り戻すための重要なステップです。

 

BRZでの挑戦とリベンジ

次に、BRZでの走行に挑みます。

BRZは通勤や街乗り用に使われており、サーキットを走ることは少ないため、新たな挑戦となりました。

タイムアタックでは、1分48秒を目指しましたが、結果は1分50秒1。

軽量な車両を速く走らせるためのテクニックを磨く必要があります。

怪しいくらい気温が下がれば、さらなるリベンジが期待されます。

 

レースへの挑戦

そして、HKS岡山でのメインイベントであるレースに挑みます。

岡田崇司さんはR2クラスに参加し、総合7番手からのスタートです。

クラス2番手としてのスタートを切り、怪しい緊張感と期待が高まります。

レース中、岡田崇司さんはミスを連発し、トップ集団から離れてしまいます。

しかし、最後まであきらめずに走り続け、R2クラスで2位、BRZ&86クラスでトップタイム賞を獲得しました。

W表彰に喜びを感じ、次回のレースに向けて更なる頑張りを誓います。

 

じゃんけん大会と閉会

イベントの楽しい締めくくりとして、じゃんけん大会が開催され、岡田崇司さんは谷口さんとの対決に臨みます。

そして、HKSの社長さんからの挨拶でイベントは閉会しました。

HKS岡山では、さまざまな車両が展示され、参加者は楽しい一日を過ごしました。

HKSさんと参加者の皆さん、ありがとうございました。

 

まとめ

岡田崇司さんのサーキットライフは、サーキットでの新しい挑戦と楽しみが詰まっています。

彼の動画を通じて、サーキット愛好者としての楽しさやドライビングテクニックを学び、次回の動画も楽しみにしましょう!

サーキットでの走行は、速さだけでなく、自身と車との一体感を味わう絶好の機会です。

岡田崇司さんのように楽しむ姿勢を共有し、サーキットの世界を存分に楽しみましょう!

タイトルとURLをコピーしました