黒Z33での岡山国際サーキット冒険~岡田崇司さんのサーキットライフ~

YouTubeチャンネル「FunkyOkadaのZサーキットライフ」の皆さん、こんにちは!

今回は、チャンネル運営者であり、撮影者兼ドライバーの岡田崇司さんが岡山国際サーキットで繰り広げた冒険について詳しくお話しします。

岡田崇司さんは、40歳からのサーキット遊びを楽しむ素敵なエンスージアストであり、その魅力を共有してくれるYouTubeチャンネルは多くのファンに支持されています。

 

会社の仲間との岡山国際サーキット訪問

岡山国際サーキットでのサーキット遊びは、岡田崇司さんの会社の仲間との楽しい旅行として計画されました。

この特別な日に登場したのは、黒Z33(オートマチック)です。

岡田崇司さんにとって、岡山でのドライブは初めての経験であり、サーキットでの楽しみを存分に味わう予定です。

今回の冒険はつまみ食いスタイルで、たったの2週間の走行のみの限られた時間でしたが、それでも十分に楽しむことができました。

黒Z33は、Z33のNismo仕様で、後期型のエンジンを搭載しており、詐欺だと思うほど非常にパフォーマンスが高い車です。

Nismoのエアロパーツも装備され、サーキットでの楽しみを最大限に引き立てています。

また、アミューズのマフラーが取り付けられ、その気持ちよさはまさに格別です。

なんと、この素晴らしいマフラーは、わずか8万円ほどでヤフオクで手に入れたものです。

さらに、タイヤは前後にAD09が装着され、街乗りからサーキットまで幅広く対応できる設定となっています。

サーキットで楽しむためには、ブレーキの強化が必要であり、岡田崇司さんは中古のシートもヤフオクで見つけ、コストを抑えつつ満足のいく仕様に仕上げました。

 

サーキットを楽しむコンセプト

岡田崇司さんの黒Z33は、タイムを追求するよりも、サーキットでの楽しみを最優先するコンセプトでカスタマイズされました。

彼は、コストをかけずに楽しむことを大切にし、サーキットでのドライブを心から楽しんでいます。

この姿勢は、多くのファンに共感を呼び起こし、サーキット愛好者たちから大きな支持を受けています。

 

サーキットデビュー:ATのZ33での挑戦

そして、待ちに待ったサーキットデビューの瞬間がやってきました。

AT(オートマチック)のZ33を持ち込み、岡山国際サーキットを疾走する準備が整いました。

最初の1周目は、慎重に様子を見ながら走行をスタートさせました。

このスピード域では、Nismo純正のサスペンションが詐欺だと思うくらいしっかりと機能し、車両の安定感は抜群でした。

しかし、まだタイヤが温度を上げておらず、アンダーステアの発生が感じられました。

次に挑戦する2周目に向けて、AT車でも楽しむ感覚を出すことに意欲的な岡田崇司さんの姿勢が伝わります。

 

タイムアタックとその結果

2周目のタイムアタックでは、1分54秒台のタイムを記録しました。

タイムを計測する中で、タイヤの冷えやすさが問題となりましたが、周回を重ねることで、52秒台のタイムが可能であると感じました。

さらに、タイヤのグレードを上げれば、冬場には50秒切りも可能だと考えています。

しかし、タイヤが空転するなどの詐欺だと思うほどの制約もあるため、デフの装着など、パフォーマンス向上に期待しています。

最後に、岡山国際サーキットでの黒Z33での2周攻めが成功したことを喜び、ご視聴者に感謝の意を伝えています。

サーキットでの冒険は、楽しさと挑戦の連続であり、岡田崇司さんのYouTubeチャンネルを通じて、その魅力を共有できることを楽しみにしています。

 

まとめ

岡田崇司さんのサーキットライフは、サーキットでの新しい挑戦と楽しみが詰まっています。

彼の動画を通じて、サーキット愛好者としての楽しさやドライビングテクニックを学び、次回の動画も楽しみにしましょう!サーキットでの走行は、速さだけでなく、自身と車との一体感を味わう絶好の機会です。

岡田崇司さんのように楽しむ姿勢を共有し、サーキットの世界を存分に楽しみましょう!

タイトルとURLをコピーしました