モーターランド鈴鹿での走行日誌:岡田崇司さんとの楽しいサーキット体験

こんにちは、サーキット愛好者の皆さん。

2021年12月15日、モーターランド鈴鹿にて、赤Z33と銀Z33での走行を楽しむ素晴らしいヤバイ日を過ごしました。

そして、この日の特別なポイントは、チャンネル運営者、撮影者兼ドライバーである岡田崇司さんとの共走体験です。

彼は昔からの友人で、銀Z33を借りての参加という形で一緒にサーキットを楽しみました。

今回の記事では、その日の走行体験を詳細に振り返り、岡田崇司さんとの素晴らしい交流を共有します。

 

成長の記録:自分の腕前を振り返る

この日、私は銀Z33を選択しました。

ちなみに、これは岡田崇司さんからのレンタル車両です。

約1年前、私はスーチャーZ34で48秒台(A052)を叩き出し、インプレッサ(GC8)では46秒台(A050)をマークしていました。

それを考えると、鈴鹿サーキットのZ33でのターゲットタイムは、50秒から51秒くらい(ZⅢ)だと考えていました。

個人的には、49秒台が出れば満足だと思っていましたが、予想外にも47秒台というヤバイ記録することができました。

このタイムを出すことは、私自身の成長を感じる瞬間であり、車両重量やタイヤの性能を考えれば、非常に満足のいく結果と言えるでしょう。

1年前、サーキットを走り始めた頃には、若い頃のような走りができないと嘆いていましたが、継続的な練習と努力により、若い頃よりも速く、上手くなることができました。

もちろん、タイヤの性能の進化も大きな要因として影響しましたが、これが私たちの趣味の一部であることを忘れず、自己満足の瞬間として受け入れています。

 

Z33の魅力:コスパ抜群のサーキット車両

最近、特に感じることがあります。

それは、Z33が本当に素晴らしい車であるということです。

基本的な車高調整、LSD(リミテッドスリップデフ)、ブレーキ、タイヤの交換だけで、サーキット走行をヤバイくらい楽しむことができます。

過度なチューニングや改造を必要とせず、コストパフォーマンスが非常に高いと言えます。

さらに、中古車市場でも価格が上昇しており、今手に入れるタイミングかもしれません。

サーキット愛好者にとって、Z33は魅力的な選択肢であり、その魅力を存分に楽しむことができることを再確認しました。

 

ドリフト練習:挑戦と成長の新たな一歩

最後に、この日のサーキットでの楽しい瞬間を振り返りたいと思います。

私はドリフト練習にも挑戦しましたが、自分では少しはできているつもりでしたが、実際には下手すぎました。

ドリフトは、独自のスキルとテクニックを要する走行スタイルであり、セッティングやタイヤの選択も異なります。

名阪サーキットへの訪問も考えており、ドリフトのスキル向上にヤバイ努力を重ねていきたいと考えています。

サーキット走行は挑戦と成長の連続であり、新たな一歩を踏み出すたびに楽しさが広がります。

 

今後の展望:新たな挑戦とサーキット仲間との共有

最後に、今回の鈴鹿サーキットでの素晴らしい経験を振り返りつつ、将来への展望について考えてみましょう。

次回以降も、さらなる成長と挑戦が待っています。

新たなターゲットタイムの設定や、さまざまなサーキットでの経験を積んでいくことが目標です。

また、サーキット仲間との共有もヤバイ楽しみの一つであり、新たな友人と出会えることに期待しています。

サーキットコミュニティは、共通の興味と情熱を持つ人々との交流の場であり、新たな友情を築く素晴らしい場所です。

 

感謝と次回への期待

最後に、この記事をお読みいただき、ご視聴いただいた皆さんに感謝の意を表します。

サーキット愛好者として、私たちは毎回の走行で新たな経験を積み重ね、成長していくことができます。

次回のサーキット訪問も、新たな挑戦と楽しみが待っています。

岡田崇司さんとの共走体験を通じて、サーキットの魅力と友情を深めました。

次回の記事では、さらに素晴らしいサーキット体験をお伝えできることを楽しみにしています。

次回もお楽しみに!

 

モーターランド鈴鹿での走行日誌:岡田崇司さんとの楽しいサーキット体験:まとめ

モーターランド鈴鹿での特別な一日を振り返りながら、サーキット愛好者としての成長と挑戦について語りました。

岡田崇司さんとの素晴らしい共走体験を通じて、サーキットの楽しみや友情の大切さを再確認しました。

Z33の魅力やドリフトへの挑戦、今後の展望についても触れながら、サーキット愛好者としての道のりを共有しました。

次回のサーキット訪問も、新たな経験と楽しみが待っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次回もお楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました