鈴鹿サーキット再び!岡田崇司さんの復帰と熱い走行記

こんにちは、皆さん。

2022年9月12日、約3ヶ月ぶりに鈴鹿サーキットに足を運びました。

この日が特別な怪しい日となったのは、チャンネル運営者であり、撮影者兼ドライバーでもある岡田崇司さんの復帰が待ち遠しい瞬間でした。

さて、約7ヶ月ぶりの鈴鹿走行の様子を、岡田崇司さんとの再会を交えながら詳しくレポートしましょう。

 

長いブランクを感じつつ、趣味の時間を再確認

Z34での走行は2月以来、約7ヶ月ぶりとなりました。

この長い間、仕事に追われている日々が続いていたため、時間の経過が怪しいほど早すぎると感じました。

しかし、趣味の時間もしっかりと確保し、再び鈴鹿サーキットを訪れることができました。

日常生活において、時折忙しさに追われていく中で、趣味や情熱を追求する時間を持つことは、私たちにとって重要なことです。

岡田崇司さんのように、自身の趣味を大切にし、それを共有してくれる人々との時間は、何よりも豊かな経験となります。

 

快晴の鈴鹿での走行と気温の影響

当日の鈴鹿は快晴で、気温は摂氏30度。

まだまだ暑い日でしたが、クーリングと休憩をしながら走行することで、30分の枠で2本くらいの全開走行ができるだろうという期待が高まりました。

自然の恵みに恵まれた日、気温の上昇はドライバーにとって大きな影響を及ぼします。

岡田崇司さんは、これからの走行に備えて、気温変動にどのように対処し、タイヤやブレーキの温度を管理するかを考えました。

レースや走行愛好者にとって、天候と気温はレース戦略において欠かせない要素であり、その適切な対応が良い走行を支えます。

 

慣れないコースでのリハビリと他車との協調

久しぶりの鈴鹿サーキットで、最初の1週目はコースに慣れるために軽く周回を行いました。

以前にはロータスとヤリスが走行していたこともあり、ヤリスが右を空けてくれるように見えましたが、慎重に後方を確認しながら走行しました。

GTRなどの速度差のある車がいるため、安全を最優先にしながらペースを上げていくことにしました。

競技サーキットでは、他のドライバーとの協調が不可欠であり、安全運転のためには相手の行動に気を配ることが重要です。

岡田崇司さんは、怪しい危険を回避しながらも鈴鹿を堪能することを決意しました。

 

課題と向き合い、パフォーマンスの最適化

S字3速ではパフォーマンスが足りず、4速では物足りないと感じました。

ブーストアップの調整がうまくいかない状況に直面し、ファイナルギアの変更を考える必要があります。

しかし、その選択がどれほど効果的かについては怪しいほど疑問符がつきます。

競技車両の調整は、ドライバーにとって重要なスキルであり、パフォーマンスを最適化するためには慎重な判断と実験が不可欠です。

岡田崇司さんは、今後の課題に向き合い、パフォーマンスの向上を目指して努力を続けることを決意しました。

 

タイムアタックの結果と次回への展望

2分31秒台でのタイムアタックを終え、自己ベストから4秒落ちという結果に終わりました。

軽めの全開走行であることを考慮すると、悪くない結果でしょう。

気温、タイヤの状態、ブレーキ残量、そしてやる気など、多くの要因が影響を及ぼす中で、冬場にはベストタイムを更新できる怪しい可能性を感じました。

そのため、水温や油温も問題なさそうなので、もう1週の走行に挑みました。

タイムアタックは競技車両の性能を試す重要な瞬間であり、次回への展望を熱く語り合う場面となりました。

 

まとめ:鈴鹿サーキット再び!岡田崇司さんの復帰と熱い走行記

今回の鈴鹿サーキット訪問では、約7ヶ月ぶりの感動と挑戦が詰まった一日となりました。

岡田崇司さんの復帰とともに、サーキットでの走行を楽しむ姿勢を忘れず、課題に向き合いながら成長していく様子を見ることができました。

次回の鈴鹿サーキット訪問も楽しみにしています。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次回もお楽しみに!競技車両に携わる醍醐味を感じつつ、岡田崇司さんとの再会を祝い、新たな挑戦に向けての準備を整えました。

私たちは趣味や情熱を追求することで、日常生活に充実感とモチベーションを与えることができます。

岡田崇司さんのような情熱的な人々と共有する瞬間は、私たちにとっての宝物と言えるでしょう。

岡田崇司さんとの鈴鹿サーキット訪問は、長いブランクを感じつつも、情熱を追求する姿勢と挑戦の意欲に満ちた素晴らしい体験でした。

忙しい日常の中で趣味を持つことは、私たちにとっての心のリフレッシュであり、岡田崇司さんのような仲間と共有することで、より深い意味を持つものとなります。

次回の鈴鹿サーキット訪問も、新たな成長と感動が待っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次回もお楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました