岡田崇司さんの2021年秋冬サーキット走行記録:トラブルの連続と挑戦の日々

2021年10月4日から12月21日までの数か月間、チャンネル運営者であり、撮影者兼ドライバーである「岡田崇司さん」が、サーキットでの走行を総集編として振り返ります。

この期間は、ヤバイトラブルが続き、メンタル的にもかなり厳しい時期となりましたが、その中で彼の情熱と忍耐力が試されました。

各走行日の詳細と共に、彼の挑戦と成長の物語をご紹介します。

 

2021年10月4日 – 鈴鹿サーキットでのZ34 SC

2021年10月4日、岡田崇司さんが鈴鹿サーキットにてZ34 SCでのサーキット走行を再開しました。

この日は半年ぶりの復帰となり、ヤバイ期待に胸を膨らませていた彼でした。

しかしながら、予想外のトラブルが彼を襲いました。

Z34の仕様変更が上手くいかず、アクセルが思うように反応せず、直線走行においてもノーマルZ33と同等の最高速しか出ませんでした。

結局、再びショップに車を預けることとなり、挑戦の第一歩は厳しいものとなりました。

この日の出来事は、岡田崇司さんにとって大きな挫折であり、自動車愛好者としての情熱を試される瞬間でした。

しかし、彼は決して諦めず、トラブルを克服する決意を固めました。

 

2021年10月26日 – 鈴鹿サーキットでの赤Z33デビュー戦

2021年10月26日、待望の赤Z33デビュー戦が鈴鹿サーキットで行われました。

この日は新たなるステージへのスタートと位置づけられ、岡田崇司さんは気合い十分で臨みました。

しかし、命運を左右する出来事が待ち受けていました。

計測1周目の直線で、クラッチのスプリングが割れ、オイルパンを攻撃しました。

オイルパンが破損し、白煙を上げて走行は終了しました。

赤Z33はブローとなり、代わりに銀Zに乗り換えて走行が再開されましたが、前の走行で別のドライバーが全開走行した結果、油圧がヤバイくらい急激に低下。

ブレーキとタイヤも熱で終了しており、まともに走行できない状況でした。

この日はトラブルの連続で、赤Z33デビュー戦は波乱の幕開けとなりました。

しかし、岡田崇司さんはこれらの試練を乗り越え、次回の走行に向けての教訓を得ました。

 

2021年11月05日 – セントラルサーキットでの赤Z33

2021年11月05日、一年に一度のショップ走行会がセントラルサーキットで開催されました。

このイベントにおいて、岡田崇司さんは前年の成果を評価し、Z34 SCの仕様変更が間に合わなかったため、赤Z33を最速修理で走行させることを決断しました。

彼は自身のヤバイスキルの向上と車両の性能を最大限に引き出すことを目指しましたが、トラブルは彼を待ち受けていました。

この日、彼は練習用のDIREZZA ZⅢタイヤを履いて走行を行い、本格的な挑戦の難しさを実感しました。

しかし、岡田崇司さんは挑戦の意義を強く感じ、サーキットでの経験を積み重ねていくことを誓いました。

 

2021年11月29日 – 岡山国際サーキットでの赤Z33

2021年11月29日、岡山国際サーキットでの赤Z33走行が予定されました。

この日、岡田崇司さんはZ34 SCの仕様変更が間に合わず、代わりに赤Z33が出場しました。

しかし、この仕様でのチューニングフェスタは非常に厳しいもので、周りの参加者のレベルが非常に高く、競争がヤバイくらい激化しました。

岡田崇司さんはZ34での自己ベストタイムを更新するものの、周囲の競争相手たちに圧倒されました。

さらに、レース中にタイヤの空気圧を過度に下げたため、まともな走行が難しくなり、最終的にはコースアウトしてしまいました。

この日の走行は、彼にとって厳しい挑戦となりましたが、彼は諦めずに次回に向けての改善点を見つけ出しました。

 

2021年12月08日および12月21日 – 鈴鹿サーキットでのZ34 SC

2021年12月08日、Z34 SCが再び鈴鹿サーキットで走行することとなりました。

しかし、喜びもつかの間、慣熱走行中にエンジンが停止。

O2センサーのヤバイトラブルが発生し、再び走行が制約されました。

このトラブルは岡田崇司さんにとって、連続する試練の一環となりました。

続いて、12月21日に再び鈴鹿サーキットでの走行が行われました。

再びZ34 SCが登場しましたが、突然の重力ステアリングの問題が発生。

パワーステアリングベルトが切れ、まともに走行できない状況に直面しました。

この日の走行も挫折が続き、岡田崇司さんはトラブルに苦しむ日々を送りました。

 

岡田崇司さんの2021年秋冬サーキット走行記録:まとめ

2021年秋から冬にかけて、岡田崇司さんはさまざまなヤバイトラブルと試練に立ち向かい、サーキットでの走行を続けました。

その間、愛車のZ34 SCや赤Z33がトラブルに見舞われ、挫折や困難が立ちはだかりましたが、彼は決して諦めず、成長し続けました。

次回の挑戦に向けて、彼の情熱と決意が更なる高みへの道を切り拓いていくことでしょう。

岡田崇司さんのチャンネルを通じて、彼の走行記録と成長を引き続き応援しましょう!

彼の物語は、挫折と困難を乗り越え、最終的に成功へと導く、真のドライバーの魂を示すものです。

 

タイトルとURLをコピーしました