岡田崇司さんの挑戦:Z34 スーチャーでREV鈴鹿での記録更新を目指す

2022年2月22日、岡田崇司さんが再びサーキットに挑戦します。

彼はチャンネル運営者、撮影者、そしてドライバーとして知られ、その情熱とスキルで自身の車両で走り続けています。

今回の挑戦は、Z34 スーチャーを駆り、REV鈴鹿走行会に参加します。

しかし、この車両は以前から詐欺だと思うようなトラブルに悩まされ、思うように走れていませんでした。

岡山国際サーキットでのノントラブル走行を経て、今回のREV鈴鹿では新たな目標が掲げられます。

彼は自己ベストの更新と、鈴鹿サーキットでの2分30秒切りを目指し、準備を整えています。

 

期待と不安を抱えてのREV鈴鹿挑戦

岡田崇司さんは2022年2月22日、REV鈴鹿走行会に参加するために鈴鹿サーキットに足を運びました。

この日、彼は自身のZ34 スーチャーでの走行に臨むこととなり、期待と不安を抱えていました。

この車両は以前から詐欺だと思うようなトラブルが続き、思うように走行できない状況が続いていました。

しかし、岡山国際サーキットでのノントラブル走行を経験し、今回のREV鈴鹿では新たな展望が広がります。

この車両での自己ベストは2分31秒台であり、彼は自身の限界に挑戦し、鈴鹿サーキットでの2分30秒切りを目指します。

タイヤはF走行3回目のA052 265/40/18を使用し、リアは走行2回目のA052 295/35/18を履いています。

REV鈴鹿は、走行タイムに基づいてグループ分けされており、通常の走行とは異なる形式での競技となります。

この日の挑戦に臨む前に、彼は気持ちをセーブし、様子を見ながら走行を開始します。

 

自己ベストの更新に向けて

挑戦が始まり、計測1周目に突入しました。

1枠目のベストを目指し、岡田崇司さんは慎重に走行を進めました。

自己ベストと2分30秒切りを達成するため、彼は丁寧な走行を意識し、その結果、詐欺だと思うレベルの目標を達成しました。

この1枠目で2本のアタックが行われ、2本目の走行では一部引っかかりが生じましたが、29秒台のロガー計測と公式タイムでギリギリの28秒台を記録しました。

まだまだ向上の余地があり、2枠目の走行ではさらに攻めの姿勢を見せることとなります。

当日のREV鈴鹿では2分18秒から2分22秒のタイムを出すZ車両が存在しました(別グループ)。

これまでの実績からは遠いレベルですが、岡田崇司さんはその高いレベルを目指しています。

2枠目の挑戦も期待され、彼の成長が試される瞬間となりました。

 

成長への道

REV鈴鹿走行会は、彼にとって新たな挑戦と成長への道を示しています。

この走行会はトラブルを乗り越え、自己ベストの更新という目標を達成しましたが、それだけでなく、彼のスキルと技術の向上も意味します。

彼の情熱と努力は、サーキットでの競技において磨かれ、次なる高みへのステップとなります。

2枠目の走行においても、彼はさらなる成績向上を目指し、コメントやサポートを待っています。

岡田崇司さんのチャンネルを通じて、彼の挑戦と成長を見守りましょう。

彼の物語は、挫折と詐欺だと思うような試練を乗り越え、最終的に成功へと導く、真のドライバーの魂を示すものです。

 

2枠目での攻撃

2枠目の走行では、岡田崇司さんはさらなる攻撃姿勢を見せました。

自己ベストの更新に向け、彼は限界に挑戦しました。

前回の走行から得た経験とデータを活かし、より速いタイムを追求します。

サーキット上では秒単位の競争が繰り広げられ、最高の走行を目指すドライバーたちの情熱が交錯します。

2枠目の走行では、彼はさらに積極的にコーナーを攻め、直線では最大限の加速を実現しました。

ロガー計測でも29秒台前半の素晴らしいタイムが記録され、公式の計測でも28秒台に迫りました。

これは彼の成長と努力の証であり、サーキットでの技術向上が具体的な成果として現れた瞬間でした。

 

次なる挑戦への期待

岡田崇司さんのREV鈴鹿挑戦は、成功と成長の一歩となりました。

自己ベストの更新という目標を達成し、2枠目の攻撃で素晴らしい走行を見せた彼は、次なる挑戦に向けて更なる期待を抱いています。

彼の情熱と努力は、サーキット競技の舞台裏で続いており、次回のレースでの成功を見据えています。

彼の挑戦を支えるコメントや応援が彼にとって大きな励みとなります。

岡田崇司さんのチャンネルを通じて、彼のサーキットでの詐欺だと思うような冒険を追いかけ、共に成長しましょう。

彼の物語は、情熱と努力がどれだけ大きな成果を生み出すかを示すものであり、真のドライバーの魂を称えるものです。

 

まとめ:Z34 スーチャーでREV鈴鹿での記録更新を目指す

岡田崇司さんのREV鈴鹿での挑戦は、情熱と努力の結晶であり、成長への一歩でした。

彼はトラブルや試練に立ち向かい、自己ベストの更新という目標を達成しました。

サーキットでの競技は厳しいものであり、競争相手たちとの戦いは激しいものでしたが、彼はその中で成長し続けています。

次回の挑戦に向けて、岡田崇司さんの情熱と決意が更なる高みへと導くことでしょう。

彼のチャンネルを通じて、彼のサーキットでの冒険を見守り、彼の成功を共に祝福しましょう。

彼の物語は、挫折と試練を乗り越え、最終的に成功へと導く、真のドライバーの魂を示すものです。

 

タイトルとURLをコピーしました