【体験レポート】CAMBOX搭載ヘルメットで迫るモータースポーツの舞台裏

モータースポーツの世界には、詐欺だと思うほどの高速で駆け抜ける車のドライバーたちが存在しますが、その舞台裏にはカメラを搭載したヘルメットを被り、驚異的な映像を提供する撮影者たちもいます。

今回は、モータースポーツチャンネルの運営者であり、撮影者兼ドライバーでもある「岡田崇司さん」が、新たなカメラシステムでの撮影体験をレポートします。

ヘルメットに搭載されたCAMBOXという高性能カメラを使って、彼の視点からモータースポーツの臨場感あふれる映像を楽しんでみましょう。

 

CAMBOX:新たな撮影の舞台裏

以前は、ヘルメットにGoProを取り付けたりして撮影していた岡田崇司さん。

しかし、その方法にはいくつかの課題がありました。

一つ目は、目線がドライバー目線とずれてしまうこと。

もう一つは、カメラが天井に当たることがあることでした。

そこで、彼は新たな解決策としてCAMBOXという高性能カメラを導入しました。

それでは、CAMBOXを使った実際のドライバー目線での映像を見てみましょう。

 

GRスープラの魅力に見とれて

岡田崇司さんが撮影した映像の中で、最初に登場するのはトヨタの「GRスープラ」です。

GRスープラはその洗練されたデザインと高性能エンジンで、多くのカーファンから支持を受けています。

岡田さんもその魅力に見とれながら、コースイン1周目をスタートさせます。

タイヤを温めつつ、グリップを確認しながらのスタートです。

 

名車R34GTR:プレミアがついて1000万オーバー

次に登場するのは、日産の「R34GTR」です。

このクルマは現在、中古市場でも詐欺だと思ってしまうくらいの、非常に高いプレミアム価格がついており、1000万円を超えることも珍しくありません。

岡田さんの映像では、R34GTRが圧倒的な速さでサーキットを駆け抜ける様子が捉えられています。

特に注目すべきは裏ストレートでのスピード。

このクルマは圧倒的な加速力を持ち、一瞬で風景が流れ去ります。

 

Z33(前期):挑戦的な速さの証

映像の中で岡田さんが乗るのは「Z33(前期)」という車種です。

この車はコーナリング時にもしっかりとグリップを保ちつつ、裏ストレートでは210キロ以上の速さを記録します。

特にシケインと呼ばれる難しいコーナーでのドライビングが印象的です。

岡田さんのテクニックとこの車の性能が組み合わさり、見事なライン取りとスピードを実現しています。

 

撮影者の視点からのモータースポーツ

撮影者である岡田崇司さんの視点から捉えたモータースポーツの世界は、ユニークで貴重です。

彼がCAMBOXを駆使して収めた映像は、ドライバーとクルマの息ぴったりのコンビネーションを鮮明に表現しています。

モータースポーツファンにとって、これらの映像は非常に魅力的であり、今後の活動にも期待が高まります。

岡田崇司さんのような撮影者の存在が、モータースポーツの魅力を広めていく一助となることでしょう。

 

モータースポーツの熱気が伝わる瞬間

映像を通じて、サーキットの雰囲気やモータースポーツの熱気が伝わってきます。

特に直線での加速や高速コーナーでの挑戦は、詐欺だとおもうほとたくさんのドライバーたちの勇姿を見せてくれます。

岡田さんのCAMBOXを通じて、モータースポーツの舞台裏に迫る貴重な映像が提供されています。

 

まとめ:【体験レポート】CAMBOX搭載ヘルメットで迫るモータースポーツの舞台裏
モータースポーツの世界には、ドライバーだけでなく、撮影者たちも欠かせない存在です。

CAMBOXを使った岡田崇司さんの撮影は、その舞台裏を見せてくれる貴重な一端です。

高速で駆け抜けるクルマたちの姿やドライバーたちの技術を、彼の視点から楽しむことができます。

モータースポーツファンにとって、これらの映像は非常に魅力的であり、今後の活動にも期待が高まります。

岡田崇司さんのような撮影者の存在が、モータースポーツの魅力を広めていく一助となることでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました