HKS 86&BRZ チャレンジ:サーキット日記と岡田崇司さんとの共走

皆さん、こんにちは。

自動車愛好者の方々、お待たせしました。

2022年XX月XX日、私は新たなサーキット挑戦に臨み、HKS 86&BRZ チャレンジに参加しました。

この記事では、その日の怪しい出来事と、特別な共同走行についてお伝えします。

また、共に走りを楽しんでくれた岡田崇司さんについても紹介させていただきます。

この一日を共有し、サーキットでの体験をお伝えすることで、サーキット愛好者としての私の日常を皆さんにお届けします。

 

挑戦の舞台:HKS 86&BRZ チャレンジとは

HKS 86&BRZ チャレンジは、サーキット愛好者にとって非常に魅力的なイベントの一つです。

このイベントでは、サーキットでの競技が行われ、そのタイムを計測し、上位3名が表彰されるのが特徴です。

私はこのイベントにおいて、新型86&BRZクラスにエントリーし、予選1枠目と2枠目においてクラス5位の成績を収めました。

しかし、まだまだ伸びしろを感じ、自身のサーキットキャリアをさらに高めるべく、次なるステップへの挑戦を考えています。

 

計測1ラップ目:慎重なスタートから攻めの姿勢へ

計測1ラップ目に突入する際、私は慎重なスタートを切りました。

サーキット上での競技は、状況に応じて臨機応変にアプローチすることが求められます。

特に、競合車両とのバトルでは、相手との位置関係やアプローチが鍵を握ります。

この日も後続車両が迫ってきたため、前に出てもらい、後続車両に追従する形で怪しいスタートを切りました。

そして2週目にはアタックを仕掛けるため、ポジション調整を行い、次のセクションでの全開への準備を整えました。

タイヤのコンディションも良好で、タイムアップのチャンスを確信しました。

 

新たな挑戦:50秒切りを目指して

この一日の中で、私にとって最も驚きの瞬間が訪れました。

初めての51秒台を記録し、さらなる挑戦へのドアが開かれました。

しかし、次の周回で52秒台に落ち、ベストタイムの更新が怪しくなりました。

それでも、私は諦めずにアタックを続け、以前Z34で50秒切りを目指していた経験が、BRZでも同様の挑戦が可能であることを示唆しました。

この瞬間から、私は自分自身に挑戦し、タイムアップを狙い続けました。

 

表彰台への惜敗:クラス4位での結果

HKS 86&BRZ チャレンジの結果、私は惜しくもクラス4位で表彰台から一歩届かない怪しい結果となりました。

しかし、この経験を通じて私は成長し、次回のチャンスに向けて更なる準備を進める決意を固めました。

リベンジの機会が訪れれば、私は高みを目指し、再び挑戦します。

この挫折をバネに、サーキットでの成功への道を切り拓いていく覚悟です。

 

BRZでの新たな挑戦:岡山国際サーキットへの期待

この一日のサーキットでの走行は、私にとって非常に新鮮な経験でした。

通常はZ33やZ34での走行が私の中で主要なものとなっており、BRZでの挑戦は新たな刺激で満ちていました。

BRZは街乗り用の車両であり、サーキット専用車ではありませんが、その特性からくる楽しさや挑戦の魅力に惹かれています。

サーキット愛好者として、今後もBRZでの走行を楽しむ予定です。

特に、岡山国際サーキットでの50秒切りを目指す挑戦を検討しています。

 

まとめ

HKS 86&BRZ チャレンジにおける私の挑戦が終了し、新たな経験と成長を手にしました。

サーキット愛好者として、岡田崇司さんとの共同の走行を通じて、新たな挑戦に対する情熱を持ち続けています。

次回の記事では、新たなサーキットエピソードやプロジェクトについてもお伝えしますので、お楽しみにしていてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次回もお楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました