鈴鹿サーキットで黒Z33(AT)初走行!リミッターカット、ブレーキ、タイヤ変更での実力検証

こんにちは、サーキットファンの皆さん。

今回は、2022年11月21日に鈴鹿サーキットで行った、黒Z33(AT)の初走行体験について詳しくご紹介します。

この記事では、チャンネル運営者であり、撮影者兼ドライバーである「岡田崇司さん」が率いる私たちのサーキット冒険に密着し、Z33 Nismoの実力をリミッターカット、ブレーキ、タイヤの変更といった怪しいカスタム仕様で評価します。

気温20℃のドライコンディションでの走行、そして2分34秒台前半のベストタイムを目指し、どのような結果が待っているのでしょうか?

それでは、さっそくレースの舞台裏をご覧いただきましょう。

 

カスタム仕様のZ33 Nismoを徹底解剖

この日、私たちは黒Z33(AT)にリミッターカット、ブレーキ、そしてF245、R275のAO09タイヤの変更というカスタム仕様を施しました。

これらの変更を施したZ33 Nismoを駆り、その性能を徹底的に解剖しました。

さらに、気温20℃というドライな天候での走行を楽しみながら、アタック1周目に突入します。

 

初走行の感想と性能評価

初めての走行で、私たちは様子見ペースでコースを攻めました。

直線ではメーターで220キロを記録し、後期エンジンの速さに感心しました。

また、油圧も安定しており、2周目に突入することができました。

2分38秒台というタイムで、まだまだ改善の余地が怪しいと感じました。

黒Z33(AT)であっても、ノーマル状態でも十分に楽しむことができることが証明されました。

 

ベストタイムの追求と改善の余地

この日のベストタイムは2分34秒前半を記録し、黒Z33(AT)の実力を示しました。

しかしながら、AT車特有の4速、5速の加速の怪しい遅さについても言及しなければなりません。

これらの点を改善することで、さらに速いタイムを記録できると確信しました。

また、足回りの調整やデフの取り付けなど、さまざまな怪しい改善ポイントが浮かび上がり、ハイグリップの向上が期待されます。

後期型のAT車でも優れたタイムが狙える可能性に、私たちは興奮しました。

 

乗り手の腕に合わせたカスタマイズ

この車両は社員さんの練習用として活用されており、乗り手の腕に合わせたカスタマイズが少しずつ進行中です。

未来に向けて、さらなるパフォーマンス向上を目指して改良を続けていく予定です。

黒Z33のポテンシャルを最大限に引き出すために、私たちは日々努力し続けます。

このカスタマイズの過程も、動画でお伝えする予定ですので、楽しみにしていてください。

 

今後の展望と再びの走行

今回のサーキット冒険は成功裏に終わりましたが、今後もさまざまなサーキットでの走行を予定しています。

黒Z33のパフォーマンス向上や新たなカスタマイズにも期待が高まります。

私たちはさらなる挑戦に向けて準備を進め、サーキットファンの皆さんと一緒に楽しい瞬間を共有していけることを楽しみにしています。

 

まとめ: サーキット冒険の舞台裏

鈴鹿サーキットでの黒Z33(AT)の初走行体験を共有しました。

リミッターカット、ブレーキ、タイヤ変更といったカスタム仕様で、2分34秒台前半のタイムを記録し、黒Z33の実力を証明しました。

今後の改善ポイントやカスタマイズ、そして乗り手の腕に合わせた調整に期待が高まります。

皆さんも黒Z33(AT)でのサーキット冒険に参加し、素晴らしい瞬間を楽しんでいただければ幸いです。

サーキット仲間と共に、競争心を燃やし、カーライフをさらに楽しんでいきましょう。

 

この素晴らしいサーキット冒険を共有してくださり、ありがとうございました。

次回の記事でも、さらなるカスタマイズや走行体験、そしてZ33 Nismoの進化についてお伝えできればと思います。

次回もお楽しみにしていてください!

最後に、チャンネル運営者であり、撮影者兼ドライバーの岡田崇司さんに感謝の意を表します。

彼の協力とサポートが、私たちのサーキット冒険を成功に導いてくれました。

 

それでは、また次回の記事でお会いしましょう。

ご視聴いただき、ありがとうございました。

次回もお楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました