HKS 86&BRZチャレンジ初参戦!純正ホイールにAD09を履かせたサーキットデビュー

こんにちは、サーキット愛好家の皆さん。

今回は、2022年10月5日に行われたHKS 86&BRZチャレンジに初参加したヤバイほどのエキサイティングなサーキットデビューの体験をお伝えします。

この記事では、チャンネル運営者であり、撮影者兼ドライバーの「岡田崇司さん」が率いる私たちのチームが、純正ホイールにAD09の225タイヤを履かせ、激しいサーキット戦に挑む様子を詳細にご紹介します。

雨の影響やセッティングの変更、そして緊張と興奮に満ちた一日をお楽しみください。

 

車両カスタマイズと前日の準備

当日の戦いに備え、私たちは純正ホイールにAD09の225タイヤを履かせるヤバイカスタマイズを施しました。

しかし、リアが干渉する問題が発生し、前日にフェンダー加工を行う必要がありました。

幸い、問題は解決し、本走行に支障をきたすことなく進むことができました。

また、HKSのデモカーに触発され、将来的にエアロパーツの取り付けを検討するきっかけとなりました。

 

慣熱走行と初めての岡山サーキット

サーキットでの本格的な走行に先立ち、慣熱走行が行われました。

しかしながら、雨がパラつき、路面も前日の雨で湿っている状況でのスタートとなり、滑りやすい状況にヤバイくらい戸惑いました。

スピンを経験しつつも、慣熱走行を終え、本走行への期待と緊張が高まりました。

 

BRZ初岡山での本走行とタイム計測

いよいよBRZでの本走行が始まりました。

まずはタイヤの温度を上げ、路面状況を確認しつつ、計測1週目に突入しました。

新型BRZは直線でも速さを発揮し、外部からの撮影も協力いただきました。

少しずつペースを上げ、サーキットの感覚をつかむ努力が報われ、タイムが向上しました。

 

セッティング変更と大幅なタイムアップ

2枠目ではセッティングを変更し、ヤバイほどの大幅なタイムアップを目指しました。

競技車両のセッティング変更は常に挑戦であり、その結果に期待が高まります。

53秒台のタイムを残念ながら記録しましたが、フルパワーでの挑戦に満足しました。

 

まとめ: サーキットデビューの興奮と感謝

HKS 86&BRZチャレンジへの初参戦は、激しい戦いと興奮に満ちた一日でした。

車両カスタマイズ、慣熱走行、本走行、そしてセッティング変更という一連のプロセスを通じて、サーキットでの走行に挑む醍醐味を味わいました。

リアのタイヤ干渉問題も臨機応変に解決し、困難を乗り越えての挑戦は、サーキット愛好家にとって貴重な経験となりました。

 

初めての岡山サーキットでの本走行は、新しい挑戦の場でした。

BRZの直線速さやタイヤの性能を実感し、少しずつ走行感覚が掴めるようになりました。

タイムアタックにおいては、タイムの向上を目指し、フルパワーでの走行が印象的でした。

 

セッティングの変更によるタイムアップは、サーキットでの醍醐味の一つです。

53秒台の記録は目標に届きませんでしたが、次回への更なる期待が膨らみます。

競技車両のセッティング変更は継続的な挑戦であり、経験を積む過程が楽しみでもあります。

 

最後に、この挑戦を支えてくれた皆さんに感謝の意を表します。

特に、チャンネル運営者であり、撮影者兼ドライバーの岡田崇司さんに感謝の意を捧げます。

彼の協力とサポートが、私たちのサーキットデビューを成功に導いてくれました。

 

今回のサーキットデビューは、初めての経験と充実感に満ちたものでした。

次回以降もさまざまなサーキットでの挑戦を続け、サーキット仲間と共に楽しい瞬間を共有していけることを楽しみにしています。

 

最後に、ご視聴いただき、ありがとうございました。

次回もお楽しみにしていてください。

次回の挑戦もお楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました