岡田崇司さんのZ34仕様完了!鈴鹿サーキット再びの挑戦と転機

2021年10月4日(月)、モータースポーツ愛好者であり、チャンネル運営者、撮影者、そしてドライバーとして幅広い才能を発揮する岡田崇司さんが、待ちに待ったZ34の仕様が完了し、5ヶ月ぶりにサーキットに挑戦しました。

今回の挑戦は、Z34での鈴鹿サーキット走行が4月以来となる6ヶ月ぶりのもので、岡田崇司さん自身としては7月以来のサーキット走行となりました。

足回りの見直しやセミバケ仕様のフルエアロといった大幅な仕様変更を施し、期待と興奮に胸を膨らませて臨んだこの日。

しかし、エアフロのセンサーに起因するヤバイトラブルが発生し、加速が制限され、最高速も210キロに達しませんでした。

しかし、コーナーでのパフォーマンスは向上し、久々のZ34走行に満足感を抱いた岡田崇司さん。

今回の記事では、この特別な日の出来事と、岡田崇司さんのサーキットでの冒険について詳しく紹介します。

 

仕様の完了:Z34による再会

2021年10月4日、岡田崇司さんは待ちに待ったZ34の仕様が完了し、鈴鹿サーキットに再び挑戦しました。

前回のZ34での鈴鹿走行から5ヶ月が経ち、待望の再会となりました。

彼にとっては、鈴鹿サーキットでの走行は4月以来のことで、Z34を駆るのも6ヶ月ぶりのことでした。

さらに、サーキットでのドライビングは7月以来ということで、この日への期待は高まるばかりでした。

足回りの見直しやセミバケ仕様のフルエアロといった大胆なやばい仕様変更を行った岡田崇司さんは、Z34との再会に胸を膨らませ、全力での挑戦に臨みました。

 

トラブルの兆し:エアフロのセンサー関連問題

期待に胸を膨らませて走行をスタートさせた岡田崇司さんでしたが、4速後半から踏んでも加速しないという問題が発生し、最高速も210キロに達しませんでした。

この問題はエアフロのセンサー関連のトラブルに起因するものと考えられました。

それにもかかわらず、岡田崇司さんは冷静にトラブルシューティングを試み、原因を突き止める決意をしました。

彼の情熱と技術力は、今回のトラブルに打ち勝つ力を持っています。

 

挑戦と転機:次回への期待

2枠目の走行では、コースアウトという出来事もありましたが、軽症で済んだため、岡田崇司さんは再び鈴鹿サーキットでのZ34走行に挑戦する意志を示しました。

今回のやばいトラブルが解決され、次回の走行では改善されたパフォーマンスを発揮することが期待されます。

しかし、彼はしばらくは赤Z33に乗り換える可能性も示唆しました。

挑戦と転機が待っており、岡田崇司さんのモータースポーツの冒険は続きます。

 

全開走行からの距離:次なる挑戦へ

この日の走行は、岡田崇司さんにとって全開走行からはほど遠いものでした。

しかし、彼はヤバイトラブルに立ち向かい、次なる挑戦への準備を進めています。

彼の情熱と粘り強さが、次回の鈴鹿サーキットでの走行での成功に繋がることでしょう。

モータースポーツ愛好者として、彼の冒険に共感し、次回のエピソードを楽しみに待ちたいと思います。

 

まとめ:トラブルと挑戦の日

この記事では、岡田崇司さんのZ34仕様完了から始まり、鈴鹿サーキットでの挑戦とトラブルに直面した日の出来事を詳しく紹介しました。

彼の情熱と技術力、そして挑戦への意志は、モータースポーツ愛好者にとって刺激的なエピソードとなりました。

Z34との再会が一時のトラブルに阻まれたとしても、次回の挑戦に向けて彼は準備を進めています。

 

岡田崇司さんの冒険は、挑戦と転機、そして興奮が絶えず続くものです。

彼のストーリーは、モータースポーツの魅力と鈴鹿サーキットの魔法を伝えるものであり、彼の次なる挑戦が待ち遠しいことでしょう。

 

ご視聴いただき、ありがとうございました。

次回のエピソードもお楽しみに!岡田崇司さんの素晴らしい冒険が、モータースポーツ愛好者にとってのインスピレーションとなることでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました