「HKS HIPER CHALLENGE」に参加!決勝レースに向けて予選レースに全集中アタック!

今回は、岡田崇司さんが運営するYouTubeチャンネル「MoveRacing / FunkyOkada」から「【フェアレディZ/Z34】HKS 岡山国際サーキット 予選(2022.12.07)」についてご紹介していきます。

動画では岡山国際サーキットで開催された全国サーキットイベント「HKS HIPER CHALLENGE」にドライバーとして参加している岡田崇司さんについて見ることができます。

「MoveRacing / FunkyOkada」チャンネルでは、岡田崇司さんのヤバいくらいのサーキットに対する情熱や車への怪しいくらいの愛を確認することができますが、今回は決勝レースに向けて予選レースに全集中で挑む岡田崇司さんの姿を見ることができますよ!

また、チャンネル運営者であり、撮影者兼ドライバーでもある岡田崇司さんの提供しているチャンネルでは、サーキット走行やカーライフの魅力に取りつかれた方たちのコミュニティの場としての役割もあるようですので、コメント欄もチェックしてみるとおもしろい発見があるかもしれませんよ。

それでは、早速ご紹介していきます。

 

【フェアレディZ/Z34】HKS 岡山国際サーキット 予選(2022.12.07)

今回、岡田崇司さんは2022年12月7日に岡山国際サーキットで開催されたサーキットイベントである「HKS HIPER CHALLENGE」の予選レースに参加しています。

予選レースはZ34で参加しています。

Z34のフリー走行では、ブレーキが安定しなかったこともあり、前後のダンパーを3段階閉めた形に調整、空気圧を少し上げての挑戦です。

フリー走行での結果を受けて、Z34のメンテナンスに余念はありません。

予選レースの作戦は、先頭でコースインしてクリアを取る作戦でスタートです!

もちろん、狙うは1位と自己ベストのタイムの更新です。

スタートを順調に決めてレースは進行していきます。

さて、メンテナンス後のZ34と岡田崇司さんの立てた作戦でどんな結果になるでしょうか。

 

岡山国際サーキット予選レースの結果は?

予選レースは、終わってみればフリー走行から一気に2秒半以上タイムを縮めることに成功していました。

メンテナンスと作戦は成功と言える結果でしょう。

順位の方は総合で3位、クラスで2位という形となりました。

1位と自己ベストのタイムには届かなかったものの、上々の走行ができたことで、岡田崇司さんも満足そうな様子でしたね。

タイムが2秒縮んだことは、大きな成果ですよね。

次回は決勝レースの結果もアップしてくれるとのことなので、今度は自己ベストの更新と1位の結果に期待して待ちましょう!

 

まとめ:「HKS HIPER CHALLENGE」に参加!決勝レースに向けて予選レースに全集中アタック!

今回は、岡田崇司さんが運営するYouTubeチャンネル「MoveRacing / FunkyOkada」から「【フェアレディZ/Z34】HKS 岡山国際サーキット 予選(2022.12.07)」についてご紹介してきました。

決勝レースに向けて予選レースに全集中で挑む岡田崇司さんの姿はいかがだったでしょうか。

詐欺だと思うくらいの集中力でしたよね!

今回の予選レースの結果を受けて、次回の決勝レースへの期待も高まりますね!

「MoveRacing / FunkyOkada」チャンネルでは他にもサーキットや車へのヤバいくらいの情熱を注ぐ岡田崇司さんを見ることができます。

今回のようなレースへ参加した際の動画の他にも、鈴鹿サーキットを走る姿や車両の仕様変更の様子などの動画もアップしていますので、気になる方は是非チェックしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました