REVSPEEDMEETING走行会で岡山国際サーキットを走る!ドライバー視点でサーキットを体感

今回は、岡田崇司さんが運営するYouTubeチャンネル「MoveRacing / FunkyOkada」から「【フェアレディZ/Z34 nismo】岡山国際「1分46秒台」ドライバー目線!(2022.02.05)REV走行会」をご紹介していきます。

動画では岡山国際サーキットで開催されたREVSPEEDMEETING走行会に参加した岡田崇司さんについて見ることができます。

今回の動画は、ドライバー目線で撮影されているのでいつもと違った視点で楽しむことができるようです

いつもにも増して、サーキットのスピード感や迫力を感じられること間違いなしの動画となっていますよ!

それでは、早速みていきましょう!

 

【フェアレディZ/Z34 nismo】岡山国際「1分46秒台」ドライバー目線!(2022.02.05)REV走行会

今回、岡田崇司さんは2022年2月5日に開催されたEVSPEEDMEETING走行会に参加しました。

会場は岡山国際サーキット、車両はZ34です。

動画では、スタートからゴールまでをドライバーの視点で楽しむことができます。

岡山国際サーキットのコースをどんな風に走るのかイメージをつけたいという方にもおすすめの動画となっています。

ドライバー視点での動画は、岡田崇司さんのチャンネルの中でも珍しい視点ですので、何か新しい挑戦をしようとしていたのでしょうか。

気になりますよね。

動画では、岡田崇司さんの目線によって画面が揺れます。

これぞ臨場感!ですが、画面の揺れで、画面酔いしやすい方は注意してくださいね。

 

ドライバー視点で見るサーキット走行

ドライバー視点から見るサーキット走行の様子は、スピード感や臨場感が外から観戦するより、より迫力を増しています。

コースの直線で前を走っている車を抜き去る様子をドライバー視点で見たり、コーナーでのハンドルさばきも、より間近で見られるのが楽しいポイントですね。

また、コーナーで曲がるところではハンドルを握っていないのにも関わらず、思わず身体をコーナーと同じ方向に傾けてしまいそうになる臨場感があります。

コーナーで前を走る車を抜こうとする場面では、ドキドキしましたし、何事もなく前に出たときは、ほっとしてしまい、思わずため息が出てしまいます。

このように、ドライバー視点でサーキット走行を楽しみたいという方にはぴったりの動画となっています。

まさに、サーキット好きの方には、たまらない内容となっていますよ。

今回のサーキット走行のタイムは1分46秒台ということなので、1分46秒台のタイムを狙っている方にとっては、ドライビングテクニックやスピード感を味わうにはぴったりの動画となっているのではないでしょうか。

 

 

まとめ:REVSPEEDMEETING走行会で岡山国際サーキットを走る!ドライバー視点でサーキットを体感

今回は「MoveRacing / FunkyOkada」から「【フェアレディZ/Z34 nismo】岡山国際「1分46秒台」ドライバー目線!(2022.02.05)REV走行会」をご紹介してきました。

ドライバー視点からサーキット走行を見る機会はなかなかないですし、自分が実際にサーキットで運転しているかのような臨場感やスピード感を感じることができましたね。

他にもYouTubeチャンネル「MoveRacing / FunkyOkada」では詐欺だと思うくらいサーキット走行に情熱を注ぐ岡田崇司さんの姿を確認することが出来ます。

今回のようなサーキット走行の映像や車のイベントに参加したときの様子など、サーキットや車に関する情報を発信していますので、共通の趣味を持つ人や車好きな方はぜひ、他の動画も見てみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました