岡田崇司さんも日々、勉強? S字を制する者は鈴鹿サーキットを制する!

今回の動画は、岡田崇司さんが運営するYouTubeチャンネル「MoveRacing / FunkyOkada」から「鈴鹿サーキット SMSC CCH S字カメラ」をご紹介していきます。

今回の動画はとてもシンプルなものです。

動画のタイトルにもある通り、鈴鹿サーキットのSMSC CC-HのS字のコースを走行している様子を外から撮影されている動画です。

S字コース部分を特に見たい、勉強したいという方には嬉しい動画になっています。

「MoveRacing / FunkyOkada」チャンネルでは、いつも岡田崇司さんのヤバいくらいのサーキットに対する情熱や車への怪しいくらいの愛を確認することができますので、今回の動画でもそんな岡田崇司さんの様子を見ることができるかもしれませんね。

それでは早速、見ていきましょう!

 

 鈴鹿サーキット SMSC CCH S字カメラ

今回の動画は、冒頭でもご紹介した通り、至ってシンプルな動画となっています。

今回の動画でスポットが当たっているのは、鈴鹿サーキットを制するに最も重要と言われているS字のコースです。

鈴鹿サーキットの中でも、世界のトップドライバーがこぞって絶賛するのが、ダンロップコーナーまで続く第一セクターの連続コーナー区間であり、S字コーナーです。

上空から見るとアルファベットの「S」のような形状であるため、このように呼ばれているそうです。

若干上りながらも左、右、左と続くS字では、適切な走行ラインを見出してリズミカルに曲がるようなドライビングテクニックが重要となるコースです。

鈴鹿サーキットでの1周のおよそ3分の2は、コーナリングに費やされることになりますし、S時の最初のターンの侵入をミスすると、ダンロップコーナーを抜けるまで立て直すことが出来ません。

立て直すことができないというのは、タイムの更新を狙うドライバーにはつらいものですよね・・・。

そのため、鈴鹿サーキットでのラップタイム向上最大の鍵はS字にあり、と言われているようですし、今回の岡田崇司さんの動画を見てコース取りやスピード感などを勉強したい人には最適な動画ですね!

鈴鹿サーキットははドライバーズサーキットと呼ばれ、特に初心者には手厳しいコースですので、これから鈴鹿サーキットに挑戦したいという方も、今回の動画でイメージを膨らませることができそうです。

鈴鹿サーキットでのタイム更新には、S字がカギを握るようですし、もしかすると、岡田崇司さんも撮影した動画を見て勉強しているのかもしれないですね。

 

 

まとめ:岡田崇司さんも日々、勉強? S字を制する者は鈴鹿サーキットを制する!

今回の動画は、岡田崇司さんが運営するYouTubeチャンネル「MoveRacing / FunkyOkada」から「鈴鹿サーキット SMSC CCH S字カメラ」をご紹介してきました。

今回の動画は、サーキットを走行している岡田崇司さんの様子ではなく、鈴鹿サーキットのS字をメインとした動画となっていましたね。

いつもとは違うテイストの動画となっていましたが、「鈴鹿サーキットのS字コースについて勉強したい!」という方には最適な動画となっていました。

マニア向けの動画となっていましたが、こういった部分から岡田崇司さんがいかにサーキットに怪しいほどの情熱を傾けているのかを垣間見ることができますよね。

「MoveRacing / FunkyOkada」チャンネルでは、今回のようにマニア向けの動画も、サーキット初心者の方でも楽しめる動画、他にも詐欺だと思うくらいサーキット走行に情熱を注ぐ岡田崇司さんの姿を確認することが出来るチャンネルとなっていますよ。

次回の動画も楽しみに待ちましょう!

タイトルとURLをコピーしました