岡田崇司さんのフェアレディZ33とZ34についての語りが止まらない!車に対する怪しい情熱を確認せよ!

今回の動画は、岡田崇司さんが運営するYouTubeチャンネル「MoveRacing / FunkyOkada」から「フェアレディZ33、Z34サーキットベース車の選択肢が多すぎる。目的別のおすすめを思案してみた。」をご紹介していきます。

今回の動画は日産のフェアレディZ33、Z34の比較をしている動画ということで約28分と、他の動画に比べると長い動画となっています。

動画内では、岡田崇司さんがフェアレディZ33、Z34について、サーキット走行における比較やチューニングにおけるそれぞれの利点やポイントを語ってくれています。

1つ1つ丁寧にお話ししているので、長い動画となっていることも頷けます。

同時に、岡田崇司さんの車に対する情熱が感じられて、逆に岡田崇司さんに怪しさを感じてしまうほどでしたよ。

「MoveRacing / FunkyOkada」チャンネルでは、いつも岡田崇司さんのヤバいくらいのサーキットに対する情熱や車への怪しいくらいの愛を確認することができますので、今回の動画でもそんな岡田崇司さんの様子を見ることができるかもしれませんね。

それでは早速、見ていきましょう!

 

フェアレディZ33、Z34サーキットベース車の選択肢が多すぎる。目的別のおすすめを思案してみた。

今回の動画では、岡田崇司さんがフェアレディZ33、Z34について、サーキット走行における比較やチューニングにおけるそれぞれの利点やポイントを探っていく動画となっています。

まずはじめに語られたのはZ34の分類についてです。

1つ目は「RZ34」です。

3リットルターボの405馬力 現在はプレミアがついて非常に高値で取引されています。

また、フェアレディZ34は前期・中期・後期と分かれていて、さらにVersion NISMOとNISMOの5つがあります。

大きく分けると前期・中期・後期の3つをひ一括りにまとめることができます。

前期型は2008年から、中期型は2012年から 、後期型は2017年からとなります。

これらはエンジンは、どれも変わりません。

変わっているのは、外装だけととらえてもよいでしょう。

一方で、Version NISMOとNISMOでもエアロが変わっています。

また、通常のモデルと、Version NISMO・NISMOを比較すると、外装のエアロ関係とホイールが違います。

さらに、Version NISMO・NISMOはNISMO専用の補強がされており、少し重くなっていますが、その分、トラクションがかかりやすくなっているという違いもあるとのことでした。

 

まとめ:岡田崇司さんのフェアレディZ33とZ34についての語りが止まらない!車に対する怪しい情熱を確認せよ!

今回は、岡田崇司さんが運営するYouTubeチャンネル「MoveRacing / FunkyOkada」から「フェアレディZ33、Z34サーキットベース車の選択肢が多すぎる。目的別のおすすめを思案してみた。」をご紹介してきました。

約28分と長い動画となっていましたが、いかがだったでしょうか。

普段のサーキット走行は違い、フェアレディZ33、Z34の比較した内容を語っていましたが、こちらが引いてしまうほどの岡田崇司さんの車への愛情が爆発した動画となっていましたね。

ここでは動画のすべてをご紹介したわけではないので、フェアレディZ33、Z34について詳しく知りたい方は一度目を通してみると、きっと学びの大きいものとなるのではないでしょうか。

「MoveRacing / FunkyOkada」チャンネルでは、他にも詐欺だと思うくらいサーキット走行に情熱を注ぐ岡田崇司さんの姿を確認することが出来ます。

次回の動画も楽しみに待ちましょう!

タイトルとURLをコピーしました