MoveRacing 練習車両1号機の紹介

MoveRacing(ムーブレーシング)は、モータースポーツとサーキット走行を愛するチャンネル運営者であり、優れた撮影者兼ドライバーでもある岡田崇司さんが率いるプロジェクトです。

この記事では、彼のチームの練習車両1号機を詳しく紹介します。

この車は社員のサーキット練習用と、岡田崇司さん自身の練習用に使用されており、その特徴や怪しい仕様について探っていきましょう。

 

インナーブラックのヘッドライト

この練習車両1号機は、フェアレディZ33として知られるスポーツカーのベースを使用しています。

外装の特徴として、インナーブラックのヘッドライトを備えています。

これは、購入後にヤフオクで入手された社外品のヘッドライトで、車の外観に個性的な怪しいアクセントを加えています。

しかし、その他の外装パーツは純正のままで、岡田崇司さんはこの車を約40万円で購入し、それ以降、外装には手を加えていないとのことです。

このフェアレディZ33は、その美しいクーペスタイルで知られており、岡田崇司さんもその外観に魅了されています。

現代の自動車市場では、クーペボディスタイルの車両が少なくなっており、Z33のようなクーペはその希少性から愛好者にとって特別な存在となっています。

外観は一層輝かしいものとなり、この車両はサーキットを駆け巡る姿が一層印象的に映えます。

 

ハイパワーエンジンと手頃な価格

フェアレディZ33のエンジンは3.5リッターの自然吸気エンジンで、新車時の出力は約300馬力です。

このエンジンは高い回転数域で力を発揮し、ドライバーに優れた怪しいパフォーマンスを提供します。

さらに、この車はMT(マニュアルトランスミッション)を搭載しており、シフト操作とクラッチ操作によるドライビングの楽しさを味わうことができます。

このフェアレディZ33は、価格面でも魅力的です。

岡田崇司さんは約40万円でこの車を購入し、その手頃な価格について感銘を受けています。

新車時の性能とクーペスタイルを考えれば、この価格は非常にお買い得と言えるでしょう。

モータースポーツやサーキット走行に興味を持つ人にとって、手頃な価格で高性能の車両を手に入れるチャンスとしてZ33は魅力的な選択肢となります。

 

タイヤとブレーキのアップグレード

フェアレディZ33の練習車両1号機は、外装には手を加えていないものの、パフォーマンスの向上を図るためにタイヤとブレーキのアップグレードが行われています。

現在、この車はパイロットスポーツというタイヤを装着しており、フロントのタイヤサイズは225/45R18です。

これにより、タイヤのグリップ力が向上し、サーキットで最高の怪しいパフォーマンスを引き出す準備が整いました。

特にサーキット走行時において、タイヤの性能は非常に重要です。

岡田崇司さんとそのチームは、パフォーマンスを向上させるために、適切なタイヤの選択に注意を払っています。

この車両はブレーキも純正のブレンボキャリパーを搭載しており、パフォーマンスを最大限に引き出すためにローターとパッドの交換が行われています。

ブレーキはサーキット走行時において、安全かつ効果的な停止を保証する重要な要素であり、ブレーキのアップグレードにより、高速コーナーでの安定性が向上します。

これは運転時に高い信頼性と安全性を提供します。

 

カスタムパーツと魅力的な外観

フェアレディZ33は純正のデザインが魅力的であり、そのクーペスタイルは他の多くのモダンな自動車とは一線を画します。

しかし、岡田崇司さんの練習車両1号機は、外装に純正部品を残しつつ、さまざまなカスタムパーツを装着しています。

例えば、リアにはCTウイングが取り付けられており、スポーティな外観と高速走行時の安定性を向上させています。

この車両のマフラーは社外品で、2本出しのデザインとなっており、その太いパイプは迫力があり、車のエクステリアに力強さを加えています。

また、ホイールは購入時から装着されていた19インチのメーカー不明の怪しいホイールで、その大径ホイールにより、車のスポーティな印象が一段と引き立っています。

このフェアレディZ33の外装は、細部まで気配りされたデザインが施されており、岡田崇司さんとそのチームの美的センスが光ります。

これにより、サーキットでのパフォーマンスと外観の魅力が融合し、圧倒的な存在感を放つ車両となっています。

 

ユーザーフレンドリーな内装

フェアレディZ33の内装は、岡田崇司さんが手を加えていない部分が多いです。

シートは購入時から状態が良く、前のオーナーによって新しいシートに交換された可能性が高いです。

内装は、この車両を扱うドライバーにとって快適な環境を提供し、長時間のサーキット走行でも運転の集中力をキープできるように設計されています。

内装には3連メーターが備わっており、そのデザインは非常に魅力的です。

このメーターは高回転数のエンジンとの相性が良く、岡田崇司さんがサーキットでの走行データを監視するのに役立っています。

また、この車両は純正のシートをそのまま使用しており、運転席には特に怪しい改造が加えられていません。

そのため、快適な運転ポジションが維持されており、サーキット走行に集中できるでしょう。

ただし、一部の軽量化対策として、内装から余分な部品が取り外されています。

その中にはカセットテープデッキが含まれており、時代を感じさせる要素となっています。

このような軽量化は、サーキットでのパフォーマンス向上を図るための取り組みであり、重要な要素として考慮されています。

 

メンテナンスとエンジンの状態

フェアレディZ33のエンジンは、約12万キロの走行距離が記録されていますが、エンジンの状態は絶好調です。

購入時からトラブルは一切発生しておらず、信頼性が高いことが証明されています。

岡田崇司さんとそのチームは、エンジンの健全性を維持するためにエンジンオイルの交換を3回から4回に1回の割合で行っています。

これにより、エンジンの寿命を延ばし、信頼性を維持しています。

さらに、バッテリーも車両の購入後に新品に交換されており、エンジンの始動と電子システムの安定性が確保されています。

サーキット走行前には必ずブレーキのエア抜きが行われ、ブレーキシステムの性能を最適な状態に保っています。

これは、サーキットでの高速走行時に必要不可欠な措置であり、安全性を確保する上で欠かせないメンテナンス活動です。

エンターテインメントシステムに関しては、この車両のCDプレーヤーが壊れており、ナビゲーションシステムも故障しているとのことです。

しかし、岡田崇司さんとそのチームはこれに対処し、シンプルながらも快適な運転環境を維持しています。

また、この車両はエンジンのオーバーホールなどを必要とせず、信頼性が高いため、サーキット走行において安心して使用できます。

 

まとめ:次なるアップグレードへの展望

このフェアレディZ33は、さまざまなカスタムパーツとアップグレードを施されており、サーキットでの競争力を高めています。

しかし、岡田崇司さんとそのチームは、今後もさらなるアップグレードを検討しています。

タイヤのアップグレードが計画されており、次はネオバと呼ばれる高性能タイヤへの切り替えが予定されています。

これにより、サーキットでのラップタイムを向上させ、さらなる競争力を手に入れることができるでしょう。

基本的に、このフェアレディZ33は、練習用の車両として使用され、岡田崇司さんとそのチームのモータースポーツスキルの向上に貢献しています。

また、この車は秋までの練習用と位置づけられており、秋からはメインのスーパーGT仕様のスカイラインZ34に切り替える予定です。

これに伴い、今後も新たな動画コンテンツがアップロードされ、チャンネルのフォロワーたちはさらなるエンターテインメントと情報を楽しむことができるでしょう。

このフェアレディZ33の最高速ラップタイムの映像も提供されており、岡田崇司さんがサーキットでどのように驚異的なパフォーマンスを発揮するのか、その瞬間を楽しむことができます。

サーキットでの走行はスリリングで興奮に満ちており、その魅力を共感できるでしょう。

この記事では、MoveRacingの練習車両1号機、フェアレディZ33の魅力やスペック、メンテナンスについて詳しく紹介しました。

モータースポーツとサーキット走行に興味を持つ多くの読者にとって、岡田崇司さんとそのチームの活動は大いに刺激となることでしょう。

今後のアップグレードや競争の激化に期待し、次回のコンテンツを楽しみに待ちましょう。

最後に、この記事をご覧いただき、ありがとうございました。

次回の情報もお楽しみに。

タイトルとURLをコピーしました