岡田崇司さん動画を通じてサーキットとの対話を楽しもう!

サーキット愛好者の皆様、YouTubeチャンネル「FunkyOkadaのZサーキットライフ」のチャンネル運営者であり、撮影者兼ドライバーとして活躍する岡田崇司さんの最新の冒険にご招待します。

この記事では、岡田崇司さんがサーキットシーズンが終わった後に行う車両メンテナンスやパーツの取り付け、そして街乗りでの楽しみを共に探求します。

岡田崇司さんのYouTubeチャンネルには、サーキット以外のコンテンツも増える予定ですので、彼の多彩な車両ライフをお楽しみに!

 

岡田崇司さんの車両メンテナンス

サーキットシーズンが終わると、岡田崇司さんは動画のアップロード頻度が減少しますが、その裏では車両のメンテナンス作業やパーツの取り付けにヤバイくらい精を出しています。

サーキット愛好者として、愛車のコンディションを最高に保つことが彼の習慣の一部となっており、次のサーキットでの走行に備えています。

 

シバタイヤの選択

岡田崇司さんは、AD09タイヤでサーキット走行中に車体を擦ってしまい、サイドが傷んでしまったため、タイヤの交換を行います。

今回の選択は評判の高いシバタイヤのTW200。

このタイヤは、国産タイヤに比べてコスト効果的であり、245/35R18のサイズは彼の銀Z33や黒Z33のフロントと同じです。

サイズの変更により、タイムアタックやグリップ向上にヤバイ期待が寄せられています。

 

サーキットでの挑戦

岡山国際サーキットでのタイムアタックに向け、岡田崇司さんは1分50秒切りを目指します。

彼の自信と技術によれば、ギリギリ1分47秒台に突入する可能性が高いとのこと。

また、今年はHKSの岡山で86・BRZクラスのヤバイ競技が行われる予定で、彼も参加を考えています。

鈴鹿サーキットでも2分30秒切りが実現するかもしれません。

岡田崇司さんの挑戦を応援しましょう。

 

サーキットでの車両準備

岡田崇司さんのサーキットライフは、単なる車の運転とは異なり、高度な車両準備が欠かせません。

サーキットでの走行には、車両の性能を最大限に引き出すための多くの要素が絡んできます。

タイヤ、ブレーキ、サスペンション、エンジン、ギア比など、細かい部分まで調整が施され、パフォーマンス向上が図られます。

岡田崇司さんがサーキットに挑む際、まず車両のタイヤ選択に慎重に取り組みます。

サーキット専用の高性能タイヤをヤバイ選択することで、グリップ力の向上やコーナリング時の安定性が向上します。

また、ブレーキパッドやブレーキフルードのアップグレードも欠かせず、高速域での制動力を確保します。

サーキット走行においては、エンジンの出力特性やトランスミッションのギア比も重要です。

岡田崇司さんは、サーキットコースに合わせてギア比を調整し、最適な走行ラインでのスピードを追求します。

これにより、コース全体でのタイムを短縮することが可能となります。

 

サーキット走行のテクニック

サーキット走行は、単なるスピード競争だけではありません。

岡田崇司さんは、高度なドライビングテクニックを駆使して、最速ラップタイムを叩き出すことを目指します。

そのテクニックの一つが、コーナリングテクニックです。

彼は、コーナーへのアプローチやステアリング操作を巧みに組み合わせ、高速コーナーでもヤバイくらい安定感のある走行を実現しています。

さらに、アクセル操作とブレーキングポイントの選択もサーキットでの成功に欠かせません。

岡田崇司さんは、ブレーキングポイントを適切に選び、急発進や急停止を防ぎながらコースを攻略します。

このバランス感覚は、サーキットでのタイム向上に不可欠です。

 

まとめ

岡田崇司さんのサーキットライフは、動画を通じて視聴者とサーキットとの対話を楽しむことができる魅力的なものです。

ご視聴いただき、次回の冒険もお楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました