銀Z33が岡山サーキットで繰り広げた岡田崇司さんのサーキットライフ

YouTubeチャンネル「FunkyOkadaのZサーキットライフ」のファンの皆さん、こんにちは!

今回は、このチャンネルの運営者であり、撮影者兼ドライバーの岡田崇司さんの最新サーキット冒険についてお話ししましょう。

岡田崇司さんはサーキットの世界での経験豊富なドライバーで、彼の動画はサーキット愛好者にとって貴重な情報源となっています。

 

銀Z33が岡山サーキットで復活!

岡山サーキットで銀Z33が走る姿、ファンの間では久しぶりの出来事となりました。

この銀Z33はフロントタイヤにTW200を装着し、リアにはAD09というヤバイ謎のセットを使用しています。

しかし、実際に走行してみると、タイヤのバランスがかなり悪いことが判明しました。

特にリアのタイヤは非常に滑りやすく、ドライビングには注意が必要でした。

この銀Z33は、岡田崇司さんが以前所有していた車両であり、長らく休眠状態にあったため、今回の岡山サーキットでの走行は復活と言えるでしょう。

彼のYouTubeチャンネルのファンにとっては、この車の再登場が待ち望まれていました。

 

プロの同乗走行車両優先

岡山サーキットでの走行を楽しみにしていた岡田崇司さんですが、出発する前に少し驚きのヤバイ出来事がありました。

最初は先頭からのスタートを期待していたのですが、プロの同乗走行車両が優先されることとなり、抽選には当たらず同乗走行はできませんでした。

しかし、岡田崇司さんは次回のチャンスを狙う決意を固めています。

サーキットでの走行は、プロのドライバーにとっても特別な瞬間であり、彼らのスキルや経験を共有することはサーキット愛好者にとって貴重な体験です。

岡田崇司さんもその機会を待ち望んでおり、今後の挑戦がますます楽しみです。

 

タイヤ温め中にスリリングな瞬間

1周目、岡田崇司さんはタイヤを温めるためにコースに出ました。

しかし、その際にリアのタイヤがヤバイほど極端に滑り、スピンしそうになる危険な瞬間がありました。

フロントのタイヤはまだまだ走行可能な状態であったため、バランスの取り方に悩まされた瞬間でした。

サーキットでのドライビングは、タイヤの温度やバランスをうまく制御することが重要であり、岡田崇司さんもその難しさを実感した瞬間でした。

 

サーキットでのアタック

タイヤが温まったと感じた岡田崇司さんは、1周目のアタックに挑戦しました。

しかし、ビビりながらの走行となり、進入を抑える姿勢を見せました。

それでもストレートではまずまずの速さをヤバイほど発揮し、裏ストレートでは若干速度不足を感じました。

結果的にタイムは1分54秒台でした。

このアタックは、サーキットでのドライビングの難しさを浮き彫りにした瞬間であり、同時に挑戦と成長の機会でもありました。

サーキット愛好者として、タイムを追求するだけでなく、自身のスキル向上に努力を惜しまない姿勢が、岡田崇司さんの魅力の一つです。

 

サーキットを楽しむコンセプト

この銀Z33は、岡田崇司さんが40万円で購入し、チューニングにもあまりお金をかけなかった車です。

タイムを追求するよりも、サーキットを楽しむことを重視したコンセプトのもと、岡田崇司さんは走行を楽しんでいます。

彼の動画を通じて、サーキットの魅力やドライビングテクニックを学び、サーキット愛好者の仲間入りをしませんか?

サーキットでの走行は、速さだけでなく、車との一体感やコントロールの難しさを体験できる特別な瞬間です。

岡田崇司さんのように、楽しむことを重要視する姿勢が、サーキットでの冒険をより豊かなものにしています。

彼の動画を通じて、サーキットの魅力を共有し、次回の動画も楽しみにしましょう!

 

まとめ

岡山サーキットでの銀Z33のサーキット冒険、いかがでしたか?

岡田崇司さんのサーキットライフは、常に新しい挑戦と楽しさが待っています。

彼の動画を通じて、サーキットの魅力やドライビングテクニックを学び、サーキット愛好者の仲間入りをしませんか?

次回の動画もお楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました