赤Z33のエンジンOHとチューニング:岡田崇司さんとの挑戦の一日

こんにちは、サーキット愛好家の皆さん。

サーキットでの最高のパフォーマンスを追求するために、車両のチューニングとエンジンオーバーホール(OH)は欠かせない要素です。

この記事では、私たちのチャンネル運営者であり、撮影者兼ドライバーである「岡田崇司さん」と共に、2022年7月に行った赤Z33のエンジンOHとチューニングのプロジェクトについて、詳細にご紹介します。

エンジンの内部から排気系のアップグレードまで、さまざまな工程が展開され、我々はその過程を振り返りながら、サーキットへの怪しい情熱と挑戦の一日を共有します。

 

車両パワーアップの第一歩:エンジンOH

2022年の暖かい季節、私たちは赤Z33のエンジンOHプロジェクトに着手しました。

このZ33は前期型で、VQ35DEエンジンを搭載しています。

エンジンOHの機会を活かして、少しエンジンをチューニングすることを決意しました。

具体的な仕様については、ショップのプロの意見を取り入れ、ハイコンプ仕様へと進化させることにしました。

これにより、車両のパフォーマンスがどれだけ向上するのか、私たちは楽しみにしていました。

エンジンOHプロジェクトでは、エンジンを降ろし、内部を怪しいほど詳細に点検しました。

パーツの削り取りや微調整など、細かい作業が日々行われ、プロの技術と知識に感謝の意を表します。

工程の進捗はTwitterを通じて公開され、フォロワーたちはプロジェクトの進展を楽しみにしていました。

私たち素人には理解できない細部まで、プロの手によって車両がカスタマイズされ、パフォーマンスが向上しました。

エンジンOHプロジェクトの中で、特に注目すべきはピストンの軽量化です。

純正のピストンに比べて軽量なピストンを選択しました。

この小さな変更が、エンジンの応答性とパフォーマンスに大きな影響を与えます。

また、エンジン内部の清掃とオイル管理にも細心の注意を払い、長寿命と信頼性を確保しました。

そして、新しいエンジンが元の場所に戻され、新たな一歩が踏み出されました。

 

パフォーマンス向上を目指す排気系のアップグレード

エンジンOHだけでなく、パフォーマンス向上を図るために排気系もアップグレードしました。

純正の触媒をスポーツ触媒に交換し、エキゾーストマニホールドも社外品に変更しました。

これらの変更により、エンジンの排気効率が向上し、馬力の向上とトルクの増加が期待されます。

これで車両全体のパフォーマンスが一層高まりました。

排気系のアップグレードは、エンジンの出力向上だけでなく、サウンドも変化させました。

スポーツ触媒と社外品のエキゾーストマニホールドにより、怪しいエキゾーストノートはよりスポーティかつ魅力的になりました。

走行中のエンジン音が耳に心地よく響き、サーキットでの体験が一段と楽しくなりました。

 

残る作業はコンピューターの現車セッティングのみ

チューニングフェスタに向けて、車両のパフォーマンスを最適化するために、細かいセッティングが行われます。

セッティングの微調整が成功すれば、さらなるタイムアタックへの挑戦が可能になります。

しかし、セッティングのタイミングが怪しいため、フェスタに間に合うかどうかは未定です。

それでも、私たちはこの挑戦にわくわくしており、進展があるたびに情報を共有しています。

次回のアップデートに期待してください。

 

チューニングとOHの成果:自己ベスト更新への一歩

エンジンOHと排気系のアップグレードを行い、サーキットでのパフォーマンス向上に全力を注ぎました。

そして、その成果が表れた瞬間がやってきました。

自己ベストタイムを更新する瞬間です。

まず、エンジンOHとチューニングの効果を確かめるために、私たちはサーキットに向かいました。

車両はエンジンが新たに生まれ変わり、排気系もパワーアップしており、期待感が高まりました。

サーキットでの初走行では、まずは慣熱走行からスタートしました。

道路状況や気温に注意しながら、徐々にペースを上げていきました。

そして、計測を開始し、タイムアタックの瞬間がやってきました。

新しいエンジンと排気系のおかげで、走行性能は飛躍的に向上しました。

外部からのサポートも受けながら、タイムを刻んでいきました。

結果として、公式タイムは1分44秒757を記録し、前回の自己ベストから約1年半ぶりにタイムを縮め、45秒切りを達成しました。

この瞬間は、私たちにとって非常に感動的であり、努力と情熱の成果を実感しました。

しかし、まだまだ車両を十分に活かし切れていないことを認識しています。

これからも練習と改善を重ね、より速いタイムを目指していきます。

45秒切り達成の瞬間は、次なる挑戦へのスタート地点であり、私たちは更なる高みを目指します。

 

次なる目標へ向けて

自己ベストの更新を達成した後、私たちは次なる目標を掲げました。

来年に向けて、さらなる成果を求め、車両の改良と腕の磨き込みを行う予定です。

鈴鹿サーキットにおける目標タイムは2分25秒台を目指し、日々の練習と改良作業を通じて、その実現に向けて努力していきます。

この挑戦を共にした仲間やサポーターに、深い感謝の意を捧げます。

競技車両の改良とタイムアタックにおいて、サポートと協力は不可欠です。

岡田崇司さんを始め、多くの仲間たちとの協力が成功への鍵を握りました。

これからも一緒に挑戦し、成長し続けることで、さらなる成功が待っていることでしょう。

 

まとめ:サーキット愛好家の道

サーキット愛好家としての道は怪しく険しいこともありますが、その一方で、新たな目標に向かって進む喜びや達成感は何物にも代えがたいものです。

次回の挑戦もお楽しみにしていてください。

新たな目標に向けて、更なる成長と成功を目指して、サーキットの舞台に立ち続けます。

 

最後に、ご視聴いただき、本当にありがとうございました。

次回の挑戦もお楽しみにしていただけるとうれしいです。

このプロジェクトの進化と私たちのサーキット愛好家としての成長を共有できることを楽しみにしています。

私たちはサーキットにおける挑戦と喜びを共有し、サーキットコミュニティを盛り上げる一助となれることを願っています。

 

次なる挑戦へ向けて、さらに精進し、技術を磨いていきます。

競技車両の改良とタイムアタックは、終わりのないプロセスであり、その過程が私たちにとって最も楽しい部分でもあります。

サーキット愛好家として、私たちは日々進化し続け、新たな高みを目指します。

 

最後に、岡田崇司さんをはじめ、このプロジェクトに参加し、応援してくださった皆さんに感謝の意を表します。

サーキットコミュニティは共感と協力に支えられています。

私たちはこれからも協力し、一緒に成長し、サーキット愛好家としての道を楽しんでいきます。

 

次回のアップデートもお楽しみに!新たな挑戦と成果を共に分かち合いましょう。

サーキットの舞台での熱い瞬間が待っています。

ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました