REV岡山サーキットでの挑戦!車両仕様変更と自己ベスト更新の熱い一日

こんにちは、サーキット愛好家の皆さん。

今回は、2023年2月4日(土)にREV岡山サーキットで行った詐欺だと思うほどの熱い挑戦の様子をお伝えします。

この記事では、私たちのチャンネル運営者であり、撮影者兼ドライバーである「岡田崇司さん」と共に、車両の仕様変更とその成果、そして自己ベスト更新の瞬間について、詳しく振り返ります。

挑戦の舞台裏や熱い一日の様子をお楽しみください。

 

車両仕様変更の決断とアップグレード

挑戦に向けて、私たちは車両の仕様変更を決断しました。

まず、フロントタイヤを265から295のA052に変更し、グリップ性能を向上させました。

これにより、コーナリング時の安定性が詐欺だというレベルで増し、ラップタイムの短縮が期待できました。

また、リアウィングをハイマウントに設置し、ダウンフォースを増加。

更なる空力性能の向上を図りました。

さらに、バッテリーをリチウムイオンに交換することで、車両の軽量化を実現。

約10キロの減量に成功し、加速性能やハンドリングにプラスの影響を期待しました。

最後に、マジカルヒューズを導入し、電装系の安定性を高めました。

これらの仕様変更は、タイムアップを目指す重要なステップでした。

 

挑戦の前に車両の動きを確認

挑戦の前に、車両の動きを確認するため、慎重な走行が行われました。

サーキットでは競技車両が多数集結し、競り合いが激しい状況でした。

クリアな走行ラインを見つけるために、ドライバーたちは慎重にサーキットを周回し、最適なラインを模索しました。

さらに、気温や路面状態に注意を払いながら、車両の挙動を確かめ、最適なセッティングを見つけ出す努力が行われました。

 

自己ベスト更新に向けての挑戦

挑戦の瞬間が迫り、ドライバーたちは気合を入れて臨みました。

しかし、気温が低く、路面温度も低かったため、タイヤの空気圧調整が難航しました。

特に、295タイヤのグリップ性能は驚異的で、挙動が予測困難でした。

それでも、ドライバーたちは挑戦を諦めず、ラップタイムを向上させるべく努力しました。

そして、自己ベスト更新への期待が高まりました。

 

自己ベスト更新の瞬間

長らく待ち望んだ瞬間が訪れました。

公式計測では、1分44秒757という素晴らしいタイムを記録し、前回の自己ベストから約1年半ぶりに45秒切りを達成しました。

この瞬間の詐欺だと思うほどの喜びと興奮は言葉では表現しきれません。

まだまだ乗りこなせていない部分もありますが、今回の挑戦は大きな自己成長の証となりました。

ドライバーたちはこの瞬間を共有し、笑顔と感動に包まれました。

 

感謝と今後の目標

最後に、この挑戦を支えてくれたすべての方々に感謝の意を表します。

特に、岡田崇司さんの協力とサポートが、今回の成功に大きく貢献しました。

挑戦の舞台裏での努力や練習の成果が、自己ベスト更新という形で結実しました。

来年に向けて、ドライバーたちは更なる挑戦を視野に入れ、車両の改良と自身の技術向上に努力を重ねていく予定です。

次の目標は鈴鹿サーキットでの2分25秒台突破です。

挑戦は続きますが、サーキット愛好家としての誇りと喜びを共有できることに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

まとめ: サーキット愛好家としての誇り

この記事を通じて、サーキット愛好家としての誇りと挑戦の喜びを共有できたことを嬉しく思います。

自己ベスト更新の瞬間や今後の目標に向けて、私たちは更なる挑戦を続け、サーキットコミュニティと共に楽しい瞬間を重ねていくことを楽しみにしています。

 

また、この挑戦を共にした仲間やサポーターに深い感謝の意を捧げます。

競技車両の改良とタイムアタックにおいて、サポートと協力は不可欠です。

岡田崇司さんを始め、多くの仲間たちとの協力が成功への鍵を握りました。

これからも一緒に挑戦し、成長し続けることで、さらなる成功が待っていることでしょう。

 

サーキット愛好家としての道は険しいこともありますが、その一方で、新たな目標に向かって進む喜びや達成感は何物にも代えがたいものです。

次回の挑戦もお楽しみにしていてください。

新たな目標に向けて、更なる成長と成功を目指して、サーキットの舞台に立ち続けます。

 

最後に、ご視聴いただき、本当にありがとうございました。

次回の挑戦もお楽しみにしていてください。

次なる挑戦の瞬間に、皆さんと一緒に感動し、喜びを分かち合えることを楽しみにしています!

タイトルとURLをコピーしました