鈴鹿サーキットを走破!V35スカイラインクーペの魅力

サーキットデビュー日:2021年6月15日

2021年6月15日、鈴鹿サーキットにて、チャンネル運営者であり撮影者兼ドライバーである岡田崇司さんがV35スカイラインクーペで走行を楽しんできました。

この日、気温が上昇し、Z34スカイラインのように水温や油温に厳しいヤバイ制約が少なかったため、練習用としてV35を選びました。

鈴鹿サーキットは、岡田崇司さんにとって3度目の走行となり、過去にはアストンマーティンやZ34での走行経験がありましたが、V35では初のサーキットデビューとなりました。

 

目的:先導走行とスキル向上

この日のサーキット走行の主な目的は、先導走行を行いながら走行スキルを向上させることでした。

先導走行は、他のドライバーたちのアクションを見ながら、ライン取りやブレーキングポイントなどを学び、自身のヤバイ走行テクニックを磨くために行われます。

この方法は、サーキット初心者から経験豊富なプロのレーサーまで、幅広いレベルのドライバーにとって有用なスキル向上の手段とされています。

さらに、気温が上昇していたことから、走行条件が非常に良好で、適切な練習環境となりました。

岡田崇司さんは、車両の仕様についても触れました。

このV35スカイラインクーペは、吸排気系以外はノーマルな状態で、足回り、ブレーキ、リミッターカットなどが独自に調整されています。

タイヤにはパイロットスポーツが装着されており、その限界に挑戦しながら、車両のコントロールやライン取りを学ぶことが重要視されています。

 

ベストラップタイムの追求

タイムアタックの追求は、サーキット走行の醍醐味の一つです。

岡田崇司さんは、タイムアタックについても言及し、現段階ではそれが主要な目標ではないとしながらも、タイムの向上に興味を抱いていることを明かしました。

現在のベストラップタイムは2分47秒で、ラストが3秒~4秒で終わってしまったとのこと。

そのため、現時点で2分43秒~44秒程度のラップタイムが可能であると考えています。

タイムアタックへの挑戦は、ライン取りや腕前の向上とともに、今後のヤバイ課題となるでしょう。

 

熱狂的なプロの存在

岡田崇司さんは、プロのレーサーたちが同じような仕様の車で2分28秒台のタイムを記録していることに触れ、将来的には彼らのようなプロを目指すことを考えていることを明かしました。

プロのレーサーたちは、その高い技術とヤバイスキルによって、サーキットで圧倒的な走行を実現しており、岡田崇司さんもそのようなスキルを身につけていくことが夢と目標の一つとなっています。

 

V35スカイラインクーペの魅力

岡田崇司さんは、V35スカイラインクーペの魅力についても語りました。

この車両は非常に扱いやすく、サーキット走行する際の楽しさを存分に提供してくれると評価しています。

価格と性能のバランスも優れており、モータースポーツやサーキット走行に興味を持つ多くの人々にとって、手軽なスタートが可能な車両と言えるでしょう。

岡田崇司さんは、自身が約15年ぶりにサーキットに戻ってから、日常がより充実したものになったと感じ、ヤバイ趣味を追求することが仕事にも良い影響を与えていると語りました。

サーキット走行やワインディングドライブを通じて、昔の情熱を取り戻し、楽しい日々を過ごすことを勧めています。

 

まとめ

V35スカイラインクーペを駆っての鈴鹿サーキット走行は、岡田崇司さんにとって新たな挑戦と成長したものでした。

このサーキットデビューの日は、新たな目標へのステップであり、サーキット走行の楽しさと魅力を再確認した日でもありました。

岡田崇司さんは、V35スカイラインクーペを通じて、自身のヤバイスキル向上と、さらなるプロのレーサーを目指す情熱に火をつけ、その情熱を応援する多くのファンや仲間たちに感謝の意を表明しました。

彼の熱意と情熱が、サーキットやモータースポーツへの興味を持つ人々に感染し、新たな挑戦を促しています。

もし、かつてサーキットを走っていた方や、新たな趣味を見つけたい方がいれば、ぜひ復活を検討し、日常に刺激と充実感を加えてみてください。

モータースポーツは、技術とスキルを磨きながら、新たな友達と出会い、楽しい瞬間を共有できる場所です。

そして、それは仕事にもプラスの影響を及ぼすことでしょう。

岡田崇司さんは、次回の挑戦に向けて既に計画を立てており、チャンネルのファンや視聴者たちに次回のコンテンツも楽しみに待っていてほしいと締めくくっています。

モータースポーツという未知の世界に飛び込み、新たな経験を積むことは、人生において非常に価値のあるものです。

岡田崇司さんの情熱とサーキットでの楽しみを共有し、自身の挑戦に繋げてみてはいかがでしょうか。

そして、次回の冒険に期待しましょう。

どんな新たなスキルや経験が待っているのか、楽しみですね。

それでは、岡田崇司さんの次回の冒険と、モータースポーツの世界への新たな一歩に期待しましょう。

次回も、お楽しみに。

 

タイトルとURLをコピーしました