チタンマフラーを装備して全開で走行する喜びがここに!

皆さんは、チタンマフラーの性能をご存じでしょうか。

チタンマフラーには、大きな可能性があります。

岡田崇司さんも、その可能性を信じているからこそ、Z34にチタンマフラーを搭載したのでしょう。

今回の動画は、そのチタンマフラーを搭載したZ34の走行シーンが確認できるものです。

短い中でも、乾いたマフラー音をお楽しみ頂ける動画となっています。

 

チタンマフラーのメリットとは

腐食に強くて錆びにくい

チタンマフラーのメリットの1つ、それは腐食に強く、錆びにくいことです。

チタンマフラーは優れた耐食性を備えているので、スチールマフラーのように錆びることはありません。

錆錆びないことで綺麗な見栄えを保つことができます。

また、腐食することによってマフラーに穴が開く、というトラブルも回避できます。

マフラーに穴が開いてしまうと、排気漏れを起こしてしまい、車検も通らなくなります。

錆びにくさというのはチタンマフラーの大きなメリットの一つなのです。

 

軽量性に優れる

チタンマフラーの2つ目のメリットは、軽量性に優れていることです。

チタンの比重は、鉄に比べると57%も軽いと言われています。

軽くなった分、より良い加速に繋がり、燃費も向上しますので、サーキットにはうってつけです。

 

チタン独特の焼き色の濃淡を堪能できる

3つ目のメリットは、チタン独特の焼き色があるという点です。

この発生要因は、酸化皮膜にあります。

酸化皮膜とは、チタンが酸素と結合することで生じる皮膜です。

チタンが錆びにくい理由も、酸化皮膜が形成されることにあります。

チタンマフラーは、熱が入ると虹色のようなグラデーションが生じます。

これがチタンマフラーの特徴で、この現象を生み出しているのが酸化皮膜なのです。

このグラデーションは、スチールマフラーやステンレスマフラーでは決して見ることができません。

つまりチタンマフラーは観賞用にもピッタリというわけです。

 

排気音が変化する

4つ目のメリットは排気音の変化です。

チタンマフラーは、スポーツ要素を強く兼ね備えたものです。

その排気音は、スポーツ性やかっこよさを感じさせるものが多いと言えるでしょう。

岡田崇司さんも、このチタンマフラーの「音」を気に入っていると思われます。

 

チタンマフラーのデメリットはあるの?

チタンマフラーには多くのメリットがありますが、デメリットが無いわけではありません。

チタンマフラーのデメリットを見てみましょう。

  1. 価格が高い
  2. 車高の低い車輌では、少々気を使う
  3. 人によっては性能の変化を感じにくい
  4. 排気音が大きくなる可能性がある

人によってはヤバいと思う内容かもしれません。

高いものを購入して、怪しい商品や、詐欺だと思うような目に遭わないよう気を付ける必要もあります。

デメリットはいくつかありますが、要はこのデメリットを上回るメリットを感じられるかどうかです。

岡田崇司さんがチタンマフラーを装着したのは、間違いなくメリットを感じられると思ったからでしょう。

そして、チタンマフラーを装着した結果・・・

チタンマフラーを装着した、岡田崇司さんのフェアレディZ34Nismo。

動画の中では、白いZ34がエンジン全開でコーナーを回る様子を見ることができます。

軽量化の成果でしょうか、コーナリングも非常にスムーズに見えます。

なにより、車輌が近づいてきたときの乾いた音。

短い動画の中でも、岡田崇司さんのチタンマフラーへの愛着がうかがえます。

この車で、色々なサーキットを楽しむのかもしれないですね。

 

まとめ

今回は、岡田崇司さんによるZ34がチタンマフラーを搭載してサーキットを走る様子を紹介しました。

チタンマフラーとはどういうものか、少しはご理解頂けたでしょうか。

車をカスタムして遊ぶ楽しさが、サーキットでの走行にも表れていたと思います。

他の動画もぜひチェックしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました